プロフィール

MUZIQ

Author:MUZIQ
「運命とプロレスする。」をテーマに
総合格闘技からアメプロにくら替えした変わり種。
今はシガナイ会社員。
いつの日かアメプロSHOPを開店するのが夢。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年WWE日本公演雑記(2日分&辛口)

WWE SummerSlam Tour 2010に参加された方々、
お疲れさまでした。
2日間空いてしまいましたが、折角なのでMUZIQ的感想を…
(あくまで私の個人的感想&見解なのでアシカラズ)

ちなみに太字が勝者です。


---------------------
2010/8/20(1日目)
1. Goldust vs Ted DiBiase

ゴールダストが上手く試合をコントロールしてデビアスが主に受けで魅せる。
ゴールダストはベテランだけあって1つ1つの動きが上手い。
デビアスも受けのレベルは高いものの、攻撃面では使い方に違和感がある。
攻撃の流れが良くないのかも…
また、親父ゆずりの金持ちギミックが邪魔をしていると感じた。
個人的には「ダスティンが正当派レスラーで売れていたら…」と感じざる得ない試合でした。
試合後、NEXUSがゴールダストを襲撃し、マイクアピール。
NEXUS。
2人じゃ、インパクトないよ…

2. Eve & Bella Twins vs Alicia Fox, Maryse & Jillian

イブはPPV等で観るよりも上手い感じ!
上手く磨けばトリッシュの様になる可能性あり。
以上。

3. The Hart Dynasty vs Evan Bourne & Mark Henry

ハートダイナスティ(特にTyson Kidd)はレスリングが本当に上手い。
この辺は流石は名門だけありますね!
グランドの技術や試合構築の面ではシングルでも良い線行く気がします。
ボーンは流石ですが、相方のヘンリーはいつも以上にグダグダ…
それこそ当初の予定通りリーガル師匠やザック・ライダー辺りとタッグ戦やった方が面白かったかも…
あっ、セコンドの役割を地味かつ上手くこなしたナタリア姉さんに「萌え」です!(笑)

4. Sheamus vs Randy Orton (DQ)

オートンはRKO前のヘビのポーズだけで金取る資格あります。
オートンは本当の御意味でのダークヒーローのオーラを身につけましたね!
世界中のファンから愛想を尽かされたレガシー劇場ですが、
アレが無ければ今のオートンも無かったと思うので結果オーライですかね。
シェイマスはベースはあるものの全てにおいて足りない感じです。
(個人的には好きなのですが…)
なんか数年前のシナを見ている感じです。
名勝負を経験していない分、雰囲気にも内容にも威厳を感じないんですよね。
この辺がシェイマスの今後の大きな課題ですね。

5. Rey Misterio vs The Miz

ミズのマイクは上手いですね。
ただ、試合に関しては過大評価されている気がしますし、
ミステリオも動きにキレが無く、フル回転は難しいですね。
特に619を交わす際に、ミズが後ろを見ているのがまざまざと分かったのは興醒めでした。
ミステリオは調子が悪くても最低限しあげてきましたが、
ミズは攻撃はブツ切りで良くないですね。
逆に受けは良いと思うのですが、それを観れ無かったのは残念です。

6. Chris Jericho vs Yoshi Tatsu

1日目のベストパウンドなのは間違いないですが、
それは単にジェリコの功績です。
個人的にヨシタツは何もかもが足りていないように感じました。
(あえてこの様に書きますが…)
Tajiriと比べてもスーパースターとしての格が違うように感じますし、
技術、アピール等、全ての面で劣ります。
一方のジェリコは、流石は「日本公演鉄板男」!
日本のストロングスタイルを取り入れてジャーマンやグランドで試合を構築しました。
しかもヨシタツの打撃に合わせながらです。
最後の急角度のWOJも良かったですね!
「WWEにストロングスタイルが入っていたら…」という1つの仮定を見せつけた試合だったと思います。
正直な感想としてジェリコをこのカードで使うのは勿体ない気がしました。

7. John Cena & Big Show vs The NEXUS (Wade Barrett & David Otunga)

えぇ~まずシナが腕十字やドロップキックをしました。
ただ、ジェリコを見た後では動きがカクカク過ぎて見れたものではありません。
入場時の歓声とシナTを着た観客の数から推測するに、
シナ人気は日本でも不動のものになりつつあるのでしょうか?
NEXUSはバレットは基礎力がある上、
上手く育成できればトップ戦線の常連になる予感がします。
オタンガに関してはノーコメントで…
ビッグショーは上手いですし、早いです!
伊達に長年この業界の動ける巨漢ポジションに君臨してないですね。

試合後、シナの御約束パターンを受ける為い再登場したバレットさん。
お疲れさまでした。
どの業界も損な役回りばかりまわされるのは若手のツライところですね…
(個人的に非常に分かります。。。)
---------------------

初日はこんな感じでした。
続いて2日目の雑記を…

---------------------
2010/8/21(2日目)
1. The Hart Dynasty vs The Miz & Ted DiBiase (with Maryse)

個人的には2日目のベスト試合。
ダイナスティは多少のミスをしながらも、動き自体が良く、
技術面では全く問題が無いように感じる。
ブレット・ハートというよりはどちらかと言えばオーエンに近いスタイルかも…
いや、彼らはベビーの方が似合います。
あとナタリア姉さんのカワイさと強烈なクローズラインに首ったけです!
デビアスとミズもお互いの粗がタッグということで中和されていて良い感じでした。
2人とも課題は攻撃のつなげ方ですね。
ギミックさえ間違わなければ良いポジションに行くような気がします。

2. Goldust vs Devid Otunga

えぇ~~~と。。。
オタンガがスパインバスターで勝利。(だったと思う)
が、会場の誰も認知されていない&インパクトの無いフィニッシュについて行けず
一瞬、国技館が無音状態に…
オタンガは1日目のタッグよりは良いものの正直、
メインに出てくる日本人よりもずっとレベルは下がります。
ぶっちゃけシングルは元より、WWEに定着することも難しいと思わせる程キツイです。
ゴールダストも繊細を欠くものの、こんな相手に勝ち星を献上するのは可哀想です。

3. Bella Twins vs Alicia Fox & Jillian (Special Referee : Eve)

思った以上にベラ姉妹の動きが良いですが、
試合自体は茶番ですね。
イブは意外とヒールの方が似合うかもしれません。
ジリアンの歌が聴けたので、まぁ~良しとするか…(笑)

4. Rey Misterio vs Evan Bourne

昨年に引き続き行われたカードで、
某SNSサイトではかなりの高評価な試合。
ですが、私的には昨年よりも劣る内容だと思いますし、
試合自体に流れを生み出すことが出なかったのは残念です。
ミステリオは明らかに全快では無いです。
ボーンはポスト・ミステリオに向けて着々と世代交代していますね!
相手がミステリオということもあり、
ボーンの動きにヒール的要素が見えたのは個人的にはマイナス要因でしょうか。。。

5. Big Show vs Mark Henry

両国だけに巨漢対決が実現!
内容は置いておいて、割り切れば予想以上に楽しめました。
ヘンリーがいつものことながら酷過ぎるのですが、
ベビーフェイスになったことでなんとかカバー。
ビッグショーもなんとかかんとかインパクトを残す様な動きをしていたので、
結果としてはOKだと思います。
迫力では文句なしです!

6. Wade Barrett vs Randy Orton

バレットは昨日よりも良かったですし、マイクも思ったより上手です。
コレはNEXUSのリーダーを務めている理由が分かりました。
基礎力自体も高いですし、華もあるので、
素晴らしい選手になる可能性は充分ありますね!
オートンも流石のオーラですし、
オートンの技の切れや試合運びは今更言うことも無いので割愛します(笑)
RKO2発のサービスフィニッシュですが、
コレがバレットの価値を高めたのは面白い結果でしたね。

7. John Cena & Yoshi Tatsu vs Sheamus & Chris Jericho

一言で言うと「ジェリコが可哀想」です。
Fatal 4 Wayでまともに名勝負を作り出せる選手がジェリコのみですからね…
しかも相手はシナとヨシタツ。
流石の鉄板男でもこのメンツでは料理の仕様が無かったようです。
(シングルならどうにでもなったとは思いますが…)
シェイマスは1日目に比べれば身体が解れたのか良い動きしていましたが、
やはり経験面で足りない部分が見えるのは残念です。
絶対、彼はベビーになれば化ける気がするんだよな…
シナは相変わらずのワンパターンでしたが、
コレはコレで彼のスタイルですし、あの人気は否定できませんからね。
良くも悪くも今のWWEを象徴する選手です。
ヨシタツは明らかに場違いでしたので、ノーコメントにします。
(あまり言うと良くないので…)
---------------------


2日とも個人的には決して評価の高くないハウスショーでした。
まず、ヨシタツ凱旋として、
身分不相応なポジションを与えすぎた為に逆にレスラーとしての格の低さが露呈されてしまいました。
仮にゴールダストと組んで、
ハート一門に絡めば違う評価を受けていた可能性は十分にあり得ますね。

それに絡めて、ジェリコの使い方が酷すぎます。
日本人ファンとジェリコが相思相愛(笑)なのは明白な事実なのに、
このポジションは厳しいでしょう。
vs ボーンやvs バレットであれば面白かった可能性高いのに…


まぁ~個人的には色々と惜しい日本公演でした。
昨年の「メンツが弱い」と言われて敬遠されていたSmackDown! Tourに
メンツで勝って、内容で負ける日本公演でした。
次回に期待ですね!
スポンサーサイト

COMMENT

No title

個人的には2日間ともメインがタッグでしかも両日共シナが
組み込まれているというのが少し残念でした。
シングルのシナも見たかったです。

今まであまり注目していませんでしたが、ミズの
マイクパフォーマンスで一気に好きになりました。
権利の行使が楽しみです。

Re: No title

確かに自分もシナをシングルで見てみたかったです。
それこそBarrettやJerichoとのシングルなら
かなり面白い展開が期待できたと思うので・・・

ミズはマイク上手いですね!
モリソンと上から目線タッグ組んでたことからマイクは超一流でしたからね!
(さすがに日本公演のジェリコ先生程ではありませんでしたが・・・(笑))
受けは世間の評判以上に上手いと思うので、
攻撃のテンポが改善されたら本当に良い選手になると思います。
自分もMr. Moneyの権利行使の展開が楽しみです!
意外と極悪ヒールも似合う気がします。

No title

どーも、こんにちは。
こちらでははじめましてなネイチャーゲームです。
本当はもっともっと早くコメントしたかったんですが、何せ自分のブログでさえサボリまくりなもんで……(苦笑)

日本公演二日間お疲れ様でした。
いや~、切れ味鋭いご意見ですね!
去年に「メンツで勝って、内容で負ける」なんて、まさにその通りだと思います。
「数字」でも今年が圧勝なんですけどねぇ。
確かにジェリコにはもっと良いマッチメイクがあったと思いますが、それでも私の中でのMVPはジェリコでした。

オートンは本当に「来て良かった」と思わせる素晴らしい存在感でしたよね。
腕を挙げるポーズと毒ヘビの動きを生で見れただけで日本公演に行った甲斐がありました。
あとバレットも雰囲気ありましたよね。
ネクサスの7人はいずれ分解するでしょうが、スピリット・スクワットと同様で確実に言えることは「全員が消えるわけでもないけど全員が残るわけでもない」……ただバレットは生き残りそうです。
オタンガは……。

最後にダイナスティの二人は非常に上手いんですが、それ以上にナタリアの重要性を感じました。
彼女のサポートの上手さは抜群ですよね。

それでは失礼します~。

Re: No title

> ネイチャーゲームさん

はじめまして(笑)。MUZIQです。

実は自分的にもジェリコは不動のMVPなんですよ!
相手や日本のスタイルに完全に併せてきましたし、
ジェリコの場合は単に「プロレスが上手い。」という言葉では表せない域に達してる様に感じます。
これにツンデレ・ジェリコのマイクパフォーマンスがあれば最高でしたね。
意外と「白い人」とやれば、
白い人が次のレベルに行くキッカケになるかもしれませんね。
(シェイマスも下手では無いので、ジェリコから学ぶべき部分が非常に多いように感じます。)

オートンに関しては
「腕を挙げるポーズと毒ヘビの動きを生で見れただけで日本公演に行った甲斐があ
りました。」に激しく同意です!
本当に名実ともにWWEのツートップになりましたね。
ビンスにパントキック見舞った辺りから
SCSA臭を感じていたMUZIQにとっては嬉しい流れですし、
今のオートンはそれだけの価値のある選手だと思います。
(2007年の初戴冠の頃からかなり好きな選手なのです。)
ヘビのポーズは…
思わず自宅のベッドでやっちゃってます!(笑)

NEXUSは応援団と同じく小粒の集まりというのは同意ですし、
バレットは上に行ける素質があると思います。
ダニエルソンといい、バレットといい、2期生のロウキー(じゃなくてカヴァル)といい、
先日デビューしたドスカラスJr.(じゃなくてアルベルト・デル・リオ)といい、
WWEは流石の動きをしていますね。
この辺がTNAとの違いか…
今回怪我で来日できなかったシェフィールドもTVで観る限りは頑張っているので
面白い存在だと思います。
「オタンガは……。」(←再び激しく同意です。)

私もハート・ダイナスティの肝はナタリアだと思っています。
試合が出来るディーバですし、なによりMUZIQは好きです!(笑)
正直、マリースへのクローズラインを見れただけでも満足でした。
(更にセコンドワークも頑張る姿がステキ!)
女子王座戦線を復活させる起爆剤になる存在だと思っています。
イブを上手く育成できれば、
ベス、ナタリアと併せて面白くなる気がするのですが…

正直、キッドとスミスはTVで観るより巧くてビックリしました。
流石はハート家ですね!
(個人的にハート家で1番好きなのはオーエンなのですが…)
1人立ちできるキャラとオーラが備われば大化けするような気がします。

長文失礼しました。

EDIT COMMENT

非公開コメント

MUZIQ
MUZIQ
「運命とプロレスする。」をテーマに
総合格闘技からアメプロにくら替えした変わり種。
今はシガナイ会社員。
いつの日かアメプロSHOPを開店するのが夢。
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Twitter by MUZIQ

@PPW_MUZIQ < > Reload

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。