プロフィール

MUZIQ

Author:MUZIQ
「運命とプロレスする。」をテーマに
総合格闘技からアメプロにくら替えした変わり種。
今はシガナイ会社員。
いつの日かアメプロSHOPを開店するのが夢。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シナの評価

最近、参考にさせて頂いているサイト(ブログ)も増えてきてリンクを貼りたいと思っても、
いまいちリンクの貼り方が分からないMUZIQです。
トラックバックって何ですか…
(そんな自分は一応コンピュータ関連の仕事です。。。)



先日『Royal Rumble 2008』を見直し、
ダニエル・ブライアン解雇に関するJohn CenaのWWEに批判的なコメントを紹介したので
久しぶりにシナについて書きたいと思います。

シナがWWEのトップ選手(WWEの「格」という意味で)なのは間違いのない事ですが、
シナに批判的な意見は今も根強くあります。

理由は大凡、
「レスリング下手で過大プッシュされてんじゃないよ!」
って感じだと思います。
かく言う自分も2008年までシナ否定派でした。

WWE王座初戴冠時は言うまでも無く、
流れの無いワンパターンな試合(&説得力皆無)な試合を行っていたからです。

この点に関しては今も名残はあると思います。
ここに関しては叩かれても仕方ないと思いますし、
今でもシナは決して上手い選手ではないと思っています。

ただ、シナの凄いところは
「猛プッシュを受けていても、自分にはレスリング技術が足りない」と認識しているところです。

普通であればアレだけ毎晩ブーイングを浴びればイジケてしまうか、
引き籠りになってしまいそうですが、
シナにはそれに真っ向から立ち向かって上手くなろうとする精神力があると感じています。

この点ではまさに「チャンプ」だと思います。

怪我で欠場する度にレベルアップして復帰してくるのですから、
あの精神力は半端じゃないですよ…

シナのオーラ自体はRVDにベルトを奪取され、
Edgeと抗争を開始した2006年辺りから目に見えて良くなってきましたが、
試合構築や技術は粗が多く、お粗末でしたからね。
それを怪我の度にレベルアップしてくるのですからこれには感服します。

この辺が曲りなりにもWWEのトップに居座り続けられる理由でしょうか…


個人的にはFU(じゃなくてAA)は良いとしても、
STFUの使い方のバリエーションを増やせばかなり柔軟性が出ると思います。

例えば今は亡きベノさんがクロスフェイスを決めるバリエーションは数え切れないほどありました。
カートがアンクルホールドを決めるバリエーションも数え切れません。

まぁ、流石にベノワやカートと比較するのはシナが可哀想ですが、
柔軟な返しパターンをもう少し増やせば試合にノスタルジ性も出てくると思います。
今でも偶に良い返し方から決めているので、
その時は「おぉ~」と思いますもん。


シナの難しい部分は既にイメージが凝り固まってしまっている部分です。
良くも悪くもワンパターンな印象しか与えていません。
(そりゃ終始攻められて、最後の最後にいつものパターンで勝たれちゃ…)

それが故に現在、最も正当な評価を受けていない選手もシナだと思います。
数年前までは「過大な評価を受けている選手」だったのですが…

今のシナをあえて表すと、
「スーパースターとしては1流、レスラーとしては2流」という感じですかね。

これを覆う様な試合を是非やって貰いたいと思います!
(今のオートンやHHHならそれも可能か?)

間違いなくレスリングの歴史に名を刻んだ選手ではありますが、
正直なところ現段階では「記憶に残る選手」では無いと思っています。
(既に「記録に残る選手」ではありますが…)

既にベテランの域のシナですが、
今までの経緯をみれば本当の意味でファンから「敬意」を得ることも可能だと思っています。
個人的には「アイドル」ではなく、
「レスラー」としてファンの記憶に残って欲しいと思う今日この頃です。


追記
WWE Expressさんからの情報で、
ダニエルソンがドラゲUSA等のインディ団体に参加するみたいです。

詳細:http://wweexpress.blog133.fc2.com/blog-entry-42.html

ということで、ダニエルソン解雇はリアルという結論になりました。
個人的にはWWEの今後が心配になります。
スポンサーサイト

COMMENT

シナのAAまでの流れが決まってるのが嫌です。
ルックスや体格、マイクは良いと思うので試合運びがうまくなれば真のチャンプになれると思います!

彼はプライベートでは好青年なようで一回も違反してないですよね。

こういうところもトップになる理由になってるんでしょう!


ブライアンの解雇はショックです。

でもPPVでブライアンチャントが起きるなど人気あるんで復帰する気がします!

個人的になぜこんなに批判されるのかよくわからないんですよねシナは。
がんばってるじゃないか良くなってるじゃないか!とよく思ってました。
そりゃあオートンとかに比べたらレスリングは厳しいかもしれませんがねw
『とりあえずシナ出てきたから批判しとけ』みたいになっていたのが残念でならないです。
みんな怪我や退団やらでトップ戦線が色々大変な時期に1人だけ休まずトップでがんばり続けたシナって個人的にはかなり評価高いんですけどねぇ。
そろそろヒールになってもいいかなと思う時期も終わっちゃいましたからこれからは同じ立ち位置になるのかもですが、王座戦線以外で個人的スキルをもうちょっとあげるのは見たいかなぁ。

Re: タイトルなし

> KOUTAさん

コメント、ありがとうございます!

そうなんですよね。
テイカーの場合ももラストはパターン化されていますが、
それをマンネリと思わせない柔軟性がありますから「おぉ~~~!」と思うんですよね。
前に「単なるDDTに最高の説得力を持たせている。」みたいなことをブログに書いたのですが、
シナに足りないのはこの点ですね!

ルックスとマイクは1流ですし、カリスマ性もあるのですが…

ちなみに個人的にシナのベストバウトは
2007年に行ったUmagaとの「Last Man Standing」です。
アレぐらいの説得力を持てば名実共に
アメプロ界のトップになるのですが…


正直、ブライアンがWWEファンからこうも認められるとは思いませんでした。
地味な選手ですし、間違いなく玄人好みの選手なので…
彼を正当に評価できるファンに乾杯!

ただ、WWE側がオファーしても「ダニエルソン側が蹴る可能性もあるかな…」
と思っちゃってます。
(間違いなくWWE側は水面下でオファーすると思いますよ!)

Re: タイトルなし

> ゆ~すけさん

コメント、ありがとうございます!
自己満ブログですが、今後ともよろしくお願いします。

シナに関してはファンとアンチの評価が両極端ですからね…
自分もずっとアンチだったので、アンチの気持ちもわかるんですよね。
でも、最近のシナを見てると一辺倒の批判は「ちょっと違うな」と思いました。
(今のブーイングの多くはゆ~すけさんの仰る通り「とりあえずシナ出てきたから批判しとけ」でしょうね。)

あの精神力と自己分析力は本当に凄いと思います。
最高峰の座についても自分の弱点を克服する努力をしているのが伝わってくるので、
そこがシナの本当に評価されるべき部分なのだと思います。

試合に関してはオートンとのI Quit Matchとかでも徐々にですが修正してきていると思いますので、
今後に期待ですね!
今のところ個人的にシナで何度も観たい試合ってエッジとのTLCと、
ウマガとのラストマンぐらいですからね…

ヒール転向したら一気に行く(正当に評価される)気もしたのですが、
今のタイミングと状況ではヒール転向は当分ないでしょうね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

MUZIQ
MUZIQ
「運命とプロレスする。」をテーマに
総合格闘技からアメプロにくら替えした変わり種。
今はシガナイ会社員。
いつの日かアメプロSHOPを開店するのが夢。
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Twitter by MUZIQ

@PPW_MUZIQ < > Reload

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。