プロフィール

MUZIQ

Author:MUZIQ
「運命とプロレスする。」をテーマに
総合格闘技からアメプロにくら替えした変わり種。
今はシガナイ会社員。
いつの日かアメプロSHOPを開店するのが夢。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Hart & Soul: Hart Family Anthology』で見るOwen Hart

ブレット・ハートがWWEと和解し、Wrestlemania 26にも出演しました。

雪解けの中、ハート一家を特集したDVDがWWEからリリースされました。
その名も『Hart & Soul: Hart Family Anthology』です。
現在のところ日本版は2010年7月に税込9,240円で販売される見通しだそうです。
(自分は輸入版を購入しましたが…)
まだ観ていませんが、スチュ・ハートから現在のHart Dynastyまでカバーしている様です。

ハート家は今でこそカナダの名門プロレス一家ですし、
ハート道場出身の選手も多いです。
有名どころではベノワやジェリコもハート道場の出身だったと思います。

正直、自分はハート家のレスリングはあまり好きではありませんでした。
最近、昔の映像を見返していて好きになったクチです。
その試合はハート・ダイナスティでも無く、ブレットでもありませんでした。
(ブレットも間違いなく90年代を代表するトップレスラーですが、
 「攻め」の選手なので自分的にはマイケルズの方を評価していました。)


ハート家の末弟:オーエン・ハートなのです!


オーエンはある意味でWWEのエンターテイメント性に殺されたレスラーですが、
彼のレスリングは兄のブレットとはまた違う魅力があるように感じました。
試合構築のリズム感と、攻めと受けのバランスがなんか独特なんですよね。
今だから感じることなのかもしれませんが、
個人的にはエディの試合と似たような印象を受けます。

そんなこんなで個人的にはハート一門で1番才能があるのはオーエンだと思っています。
(カリスマ性ではブレットの方が上でしょうが…)

個人的にオーエンの特集DVDが出れば100%買ってしまう勢いですが、
今回は『Hart & Soul: Hart Family Anthology』で我慢しておきます(笑)

(下記は海外版です。)


オーエンの事故が無く、
2000年代に入ってもトップ戦線で活躍していたらWWEの勢力図は今とは違う形になっていた気がします。
そう考えるとオーエンの死は残念でなりません。

WWEに対するオーエンの本音の部分を聞いてみたいと思いますが、
1人のプロレスファンとしてのその願いは叶うことが無くなってしましました。
せめてオーエンの特集DVDを出して欲しいと思う今日この頃です。
(出来ればインタビュー集込みの2枚組 or 3枚組で…)

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

MUZIQ
MUZIQ
「運命とプロレスする。」をテーマに
総合格闘技からアメプロにくら替えした変わり種。
今はシガナイ会社員。
いつの日かアメプロSHOPを開店するのが夢。
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Twitter by MUZIQ

@PPW_MUZIQ < > Reload

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。