プロフィール

MUZIQ

Author:MUZIQ
「運命とプロレスする。」をテーマに
総合格闘技からアメプロにくら替えした変わり種。
今はシガナイ会社員。
いつの日かアメプロSHOPを開店するのが夢。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

椅子攻撃の魅力

リアル・ハードコアを目指しているMUZIQです。
そんな私が少し疑問を感じるNEWSが入ってきました。

WWEでは今年から頭部への椅子攻撃を禁止したようですね。
(某SNSでも話題になっていましたが…)
目的としては、頭部への攻撃による脳震盪や障害を防ぐことが目的の様です。

確かに今のWWEのお子様路線と選手の体調を考えれば納得できるプログラムではありますね。
アメリカでも日本でもプロレスの危険性は如実になっていますからね。


ただし、私個人としてはこのプログラムには少し疑問を感じます。
というのも、イスを使用した攻撃でフィニッシャーになり得るのは頭部への攻撃のみだと思うからです。

Edge&Christianのコンチェアト、2008年のMattの裏切り、
過去に遡ればイスを用いた頭部への攻撃が非常に大きな説得力を持っていたことが伺えます。

『No Way Out 2008』でのTriple HとJeff Hardyの決戦では、
ぺディグリーを1度返された後に、
イスの上へのぺディグリーでピンフォールというのは非常に流れとしても良かったですし、
結果としてジェフを引き立てることになりました。
(これも一種の頭部へのイス攻撃ですよね?)

ストーリー面でも非常に重要な部分であり、
試合においても劣勢のベビー(or ヒール)が強敵を倒す為の大きな要素だったと思うのです。

①ベビーの大柄な選手(例えばUndertaker)が攻める
   ↓
②レフリーに誤爆
   ↓
③死角を突いてヒールが頭部にイス攻撃
   ↓
④レフリーが気付き、ピンフォール
   ↓
⑤ヒールが勝ち誇る
   ↓
⑥ヒールが花道を退場しかけるが、思い直して再びリングに
   ↓
⑦イスを持ってコンチェアト(Edgeの場合ね)


この流れってアメプロの王道だと思うんですけどね…
これによってヒールの格上げも容易になっていたと思うのです。
(Jerichoの様な当代きっての芸達者は別として)

まず、昨年からPPVとして『TLC』を始めたのに、
TLCの内「C」が事実上形骸化する事態じゃないですか?
だってボディのみへのイス攻撃なんかなんの説得力もないと思いますからね。
(現状としてイスのパイプ部分で攻撃したとしても、流れも痛みも伝わらないですし…)

個人的にはエッジなんかはスピアーよりもコンチェアトの方がイメージ強いんですよね。
スピアーはやっぱりゴーバーっていうイメージですし…
今だとバティスタのスピアーの方が説得力はあると思います。
(これは体型の問題ですけどね。)
エッジが現在、最高のヒールとしての地位を築いた要素としては
コンチェアトの意味は大きかったと思うのですが…


上でも書きましたが、選手の安全は最優先事項だと思います。
安全の確保は企業として当然の努力義務です。
ただし、安全を確保した上で「過激さ」を出す必要があると思います。
この部分に関しては企業の「努力」以外にないんですよね。

完全な思いつきですが、
低反発素材をマットとして使ったイスを使用するとか…
(あくまでも例ですよ。)
これをせずに「禁止」では発展はないと思う訳ですよ。

ファミリー路線が完全に良くないとは言いませんが、
「見てはいけないモノを見る」という魅力がプロレスの真髄だったように思うのですが…
だからこそ、アティチュード路線が若年層にも大ヒットしたのではないでしょうか?
(もちろんオースチンとマクマホンの抗争もありますが…)

いくらシェイマスがビッグブートをかましても、
ビッグ・ショーがKOパンチをかましても、
やはりインパクトの面では凶器(ここではイス)攻撃以上のインパクトも説得力もないと思います。

「イスによる頭部への攻撃禁止」によって、
またWWEは一歩後退してしまった感じを私は受けています。
今でもTNAでホーガンやフレアーが血をダラダラ流しているのを見ちゃうとね…
(リアルさは別として)



全く話は違いますが、現在英会話を勉強しようと思っています。
WWEやTNAのDVDを字幕なしで見る癖が付いているということもあり、
会話の内容内容はある程度把握できるのですが、
もう1段階「正確」に把握できるようになりたいと思っています。
また、スピーキングにも取りかかりたいと思っています。
(将来のことも考えて…)

「アメプロ好きの人は英語が話せそう!」という勝手なイメージで質問させて頂きたいのですが、
英会話の勉強でオススメの教材とかありますか?
(あまり高価な教材は購入できませんが…)

もちろん現地に行くのが1番の近道だと思っているのですが、
現状で少しでも出来ることをやりたいと思っているので勝手ながらお教え頂ければ幸いです。
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

MUZIQ
MUZIQ
「運命とプロレスする。」をテーマに
総合格闘技からアメプロにくら替えした変わり種。
今はシガナイ会社員。
いつの日かアメプロSHOPを開店するのが夢。
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter by MUZIQ

@PPW_MUZIQ < > Reload

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。