プロフィール

MUZIQ

Author:MUZIQ
「運命とプロレスする。」をテーマに
総合格闘技からアメプロにくら替えした変わり種。
今はシガナイ会社員。
いつの日かアメプロSHOPを開店するのが夢。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WWEがインディの大物とディベロップメント契約!

遂にClaudio CastagnoliがWWEとディベロップメント契約を結びました。
新しいリングネームは「Antonio Cesaro (アントニオ・セザーロ)」とのことで
既にFCWに登録されています。

Kings of Wrestlingとしてインディーマットを席巻した、
ヨーロッパのマッチョマンが遂にWWEに参戦ですね!
個人的にはかなり好きな選手なので楽しみです。
(特にヨーロピアン・アッパーカットが好き!)
今考えると、PWG王座の明け渡しはコレを見越してのことだったのでしょうね。。。

ただ、トライアウトはKings of Wrestlingで受けたかと思うので、
Chris Heroは落第したのでしょうか?

私の個人的な感覚では、
クラウディオはWWE好みの身体で、重さのある攻撃はインパクトがあるので
WWEで十分通用すると思います。
特にソープオペラとしてWWEを捉えた場合、
彼の持つ身体的な説得力が非常に活きてくるはずです。
下手するとTyler Blackより成功する様な気がします。
タイラーの場合は調子の波が激しいですし、
ハードヒッティングでこそ持ち味が活きてくる選手ですからね…

一方のヒーローは、WWEでの活躍(参戦)は難しいと考えていました。
まず、身体の作り方がWWE(ビンス)好みではなく、一般人体型です。
これは絶賛確変中のパンク先生にも言えることですが、
ヒーローの場合はより身長がある為、より「のっぺり」した印象になってしまいます。

あと、やはりエルボー重視の試合構築はWWEでは評価されないと思います。
ヒーローのスタイルはタイラーと同じく、
インディーの試合重視のハードヒッティングでこそ活きる形です。

個人的な印象ですが、
クラウディオとハンターがリング上で向かい合っている場面は想像できるのですが、
ヒーローとハンターだと何か違和感を感じています。
意外とこの辺の感覚が2人の当落の差になったのかもしれません。

ただ、願わくばKoWで参戦して欲しかったものです。
Young BucksもWWEのトライアウトを受けたとのことだったので、
本気でタッグ戦線のテコ入れを行うのかと思いきや…
WWEのタッグ戦線の復活はまだまだ先になりそうです。



ROHを始めとするインディーからの昇格組が非常に多い最近のWWEですが、
アメドラを始め、必ずしも成功しているとは言えないと思います。
アメドラも本来の攻撃性やグランドの幅広さを見せれていませんし、
タイラーに至ってはFCWで調整中です。
ボーンは良いものの、やはりその能力を完全に発揮しているとは言えません。

この辺はやはりWWE独特の制約や、裏での勢力図等があるのでしょうか?

インディーから登りつめた選手の代表格であるパンク大先生は、
元々試合評価はあまり高くありませんでした(けど、やればできる子!)が、
そのカリスマ性を開花させたことで一気に登りつめた感がありますね。
ベビーの頃は本当にパッとしなかったのに…

まぁ~パンク先生のシュート風ワークは今に始まったことではないのですが、
この様にハマれば一気に行くのがWWEの恐ろしさですね。
特にROH出のレスラーは、技術面での基礎がしっかりしているので、
キャラ付けやマイク技術の向上という部分でどこまで訴求できるかがカギになりそうです。



一方、トップ戦線レスラーが大量にWWEに吸い取られたROHは
ここにきて選手不足に陥りつつあります。

先週末に『Death before Dishonor 9』が開催されましたが、
メインとセミが比較的長い30分越えの試合になり、
カードも「ブリスコ兄弟 vs ANE」と「Eddie Edwards vs. Roderick Strong」でした。
一時期に比べれば明らかに弱いカードです。
(リチャーズが日本参戦している影響もありますが…)

まぁ~徐々に若手の格上げをしているので改善されてくるかと思いますが、
当分の間は厳しい状態でしょうね。。。
それでも、毎度のことながら
平均以上のクオリティを作ってくるのは流石ROHなんですけどね。
スポンサーサイト

COMMENT

HHHと向き合う姿が想像できるか、は言いえて妙ですね。

 ヒーローは昔のクラバットを中心としたスタイルも使えないでしょうしね。ただROHとしたらヒーローが残ってくれるのは凄く大きいですね。よくよく考えたらデイビーのスケジュール以上にROH王座戦を組む相手が少ないのが辛い。

Re: HHHと向き合う姿が想像できるか、は言いえて妙ですね。

> 小泉"ダーティ"次郎

お久しぶりです。MUZIQです。
コメント、ありがとうございます。

たしかにヒーロー残留はROH的にはプラスですね。
自分も王座レベルの選手不足は気にはなっていました。

リチャーズはもちろん良いとして、現時点での対戦相手候補は
ヒーロー、エドワーズ、スティーン、ストロング、ジェネリコ辺りになるのですかね。。。
リチャーズを王者として廻していく場合、
盟友エドワーズのカードを早々に使うことはできませんし、
スティーンはPWG王者ということもあり、しがらみがありそうです。
ジェネリコになると個人的には少し落ちますし…
となるとヒーローとストロングぐらいになるのですね???

個人的には王座戦線にスティーンとジェネリコの抗争を持ち込みつつ、
そこにストロングが絡んでくるような気がなんとなくしています。
スティーンのHoT入りとか…

EDIT COMMENT

非公開コメント

MUZIQ
MUZIQ
「運命とプロレスする。」をテーマに
総合格闘技からアメプロにくら替えした変わり種。
今はシガナイ会社員。
いつの日かアメプロSHOPを開店するのが夢。
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Twitter by MUZIQ

@PPW_MUZIQ < > Reload

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。