プロフィール

MUZIQ

Author:MUZIQ
「運命とプロレスする。」をテーマに
総合格闘技からアメプロにくら替えした変わり種。
今はシガナイ会社員。
いつの日かアメプロSHOPを開店するのが夢。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年のPWG

9/10に開催されたPWGの『The Perils Of Rock N' Roll Decadence』ですが、
既に終わった後にプレビューです。(苦笑)

前々から感じていましたが、
アメプロ好きの心をくすぐるカードですよね!
(日本ではほとんどの人が観ていないはずなので結果は記載しません。)

1. Peter Avalon vs. Brian Cage-Taylor
2. Willie Mack vs. Ryan Taylor
3. RockNES Monsters vs. Super Smash Brothers
4. Eddie Edwords vs. TJ Perkins
5. El Generico vs. Rocky Romero
6. The Young Bucks vs. Dynasty (PWGタッグ王座戦)
7. Kevin Steen vs. Davey Richards (PWG王座戦)


有名なASWとかBoLA、DDT4と比べると地味なイメージがありますが、
4試合目以降はどれも良い試合になりえますし、
何よりPWG王座戦に現ROH王者のリチャーズをブッキングしてるのはしたたかですね。
地味にエドワーズもTJPとやりますし、
ジェネリコとロメオも期待できるカードです。

個人的には2試合目のマック対ライアンも面白そうですが…
(ウィリー・マック、実は好きなんです!)

カードを見る限り、PWG史上最高の大会にはなりそうにありませんが、
高いレベルでの平均点を期待できる大会かと思います。


というか、今年のPWGの1大会1大会への力の入れ方は尋常じゃないですね!
去年も『As The Worm Turns』や『Seven』といった
かなりの良大会を生み出していましたが、
今年は『Kurt Russell Reunion 2』に始まり、
『DDT4』『All Star Weekend 8』『Eight』と異常なクオリティですからね。

まさに一時期のROHを観ているみたいです。

インディーファンなら涎の出るようなカードを用意して
それでいて内容をキッチリ残しているにも関わらず、
いつもの通りの会場設営、観客のノリもいつもと一緒…
これは、「良きアメプロの世界観」だと感じています。


方向性は違いますが、
この観客のアットホーム感はかつてのオリジナルECWに近い部分があると思います。
インディーと言うこともありますが、
優秀なレスラー達がなぜか集まってくる、そしてある者は復帰の場所に選ぶ。
そんな団体だと思います。

思い出補正もありあすが、
個人的にはECWの方が「面白み」と言う面では上だと感じます。
しかし、PWGは正当派のワクワク感があります。
(個人的には、ECWのDNAを色濃く受け継いでいるのはROHだと思います。)

ソープオペラとしてのWWEや凋落しきっているTNAでは出せない、
「プロレス」としての純粋なワクワク感があります。


なにはともあれ
選手の行き来が緩いインディーですが、
今年のPWGのマッチメイクのセンスはぶっ飛んでいます!
(しかもこの期に及んでスティーンとジェネリコの抗争を持ってきたし・・・)

スポンサーサイト

COMMENT

No title

こんばんは!
PWG、すごいですよねえ。
大会の数自体はそれほど多くないながらも、インディーファンなら大喜びするカードを
出し惜しみなく盛り込んでくる大盤振る舞いっぷり。
しかもあの地元のあんちゃんっぽいノリのいい客が幸いして、お祭りのような前座
から、こってりしたメインまで、テンションが落ちないのがたまらなくいいです。

スティーンとジェネリコの、他団体での抗争を自分の土俵に上げてしまう辺りの
インディーらしいアバウトさもまた、楽しいですねえ。
そういう意味ではまさにインディーの中のインディーというか(褒めてます)、もし
周りにアメプロインディに興味ある人がいたら今ならPWGの大会を薦めるかも
しれないなあ(まあいないんですけどねw)。

個人的には次回大会のsteen wolfというタイトルが気になってしょーがない。
ただ単に二人が出るからこのタイトルなのか、それともスティーンvsジェネリコに
何らかの形でリチャーズが絡むのか…
まあ、何もなくてもそれはそれでいいですけどw

あとついでなのでここに書きますが…WWEの来日決まりましたねえ。
しかし平日…しかも私は九州人なのでいけそうにありません。
というか、私もMUZIQさんに完全同意でSDなら行きたかったなあって感じです。
クリスチャン…シェイマス…オートン…。
WWEに関しては現地で見てみたいなあ。
やっぱり日本公演向け仕様にしてるでしょうし、所詮ハウスショーですしね~
まあ何はともあれ、色々あった中来日が決まったのはメデタイですね。

Re: No title

> アラ煮さん

コメント、ありがとうございます。MUZIQです。

PWGの魅力はまさにその2点ですよね。
選手と観客が一体になっている感じがインディー臭くて好きです。
ここ最近は、これに内容が伴ってきたことで
ROHとはまた違う独自の団体になって来ていますね!

スティーンとジェネリコのROH史に残る抗争を自団体に取り込むとはキタナイ…(笑)
いや、褒めてます!(笑)
こういう展開をすると、横のつながりができるので
ファンとしては面白いし、
PWGも新規ファンを獲得するチャンスになりますね。

リチャーズがこのまま引き下がるとは思えませんし、
今の彼は名実ともに「Best in The World」になっていると言っても
過言でないと思うので、
何らかの形で絡んでくるんじゃないでしょうかね?
(まさかのウルブズ結成で、スティーネリコ復活とか???)



WWEの日本公演は日程的にもかなり微妙ですよね。
自分は関東ですが1日目は確実に行けませんし、
2日目もかなり怪しいです。
(そもそもRAW講演に魅力を感じなくなっていますし)
ファンの人には申し訳ないですが、
これでメインを去年みたいにヨシタツにされた日にゃ…

自分もいつか現地で観たいと思っています!
取りあえず、現地行くならWWEのPPVとROHの4大大会のどれか、
PWGは外せません。(←欲張り過ぎ)
まぁ~時間あったらTNAも…

絵画なんかもそうなんですが、
日本で見るのと現地で見るのって圧倒的な差があると思うんですよ。
その国の文化に根付いた歴史がある訳ですから。

EDIT COMMENT

非公開コメント

MUZIQ
MUZIQ
「運命とプロレスする。」をテーマに
総合格闘技からアメプロにくら替えした変わり種。
今はシガナイ会社員。
いつの日かアメプロSHOPを開店するのが夢。
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Twitter by MUZIQ

@PPW_MUZIQ < > Reload

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。