プロフィール

MUZIQ

Author:MUZIQ
「運命とプロレスする。」をテーマに
総合格闘技からアメプロにくら替えした変わり種。
今はシガナイ会社員。
いつの日かアメプロSHOPを開店するのが夢。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Suvivor Series 2009』で思うこと

『Suvivor Series 2009』が現地では開催されましたね!

MUZIQはリアルタイムの放送時間が間違いなく仕事中&視聴環境がないこともあってまだ観ていません。というか、結果も見ていません。
メイン戦の結果が非常に気になりますが、そこは自分とのプロレスです。



で、さすがにマッチメイク自体はチェックしたのですが、
メイン戦がトリプルH vs HBK vs ジョン・シナの3Wayだそうです。

ん~熱いですな!!



正直言って、シナはあまり好きじゃありませんでした。
というか今も激しく好きではありませんが、嫌いでもありません。

時々、無性にシナの試合を観たくなるのは内緒です。

シナって怪我で欠場するたびに上手くなっていませんか?
レスナーと抗争していた頃の「悪学博士」の頃は見れたものではありませんでしたからね…



そんなシナには悪いのですが、
3WayでトリプルH、HBKとくれば、自分的にはやはりクリス・ベノワが思い浮かびます。

伝説のWrestlemania 20、Backlash 2004での連戦はどちらも最高級の試合でした。
ってか、トリプルHとHBKの神試合にベノワのストイックギミックが上手い具合にマッチしていました。



下記はWrestlemania 20のエンディング
(個人的には過去最高の瞬間)
Benoit & Eddie


いまでもクロスフェイスをする選手は結構いますが、
やはりベノワのクロスフェイス程の柔軟性さもインパクトもありませんね。
(まぁ、決め技で使っている選手はいないので仕方ありませんが…)

技1つでファンの脳裏に浮かぶことのできる選手ってそうはいませんからね。
やはり偉大な選手でした。
WWEに本当の意味での純粋な攻めのレスリングテクニック(エンターテイメントとしての)を持ち込んだのはやはりベノワ、エディ、カートの3人ではないでしょうか?
(その3人のうち2人は他界、カートはTNA…)
少なくとも技術面でのインパクトをWWEに与えたことは間違いないでしょう。



ベノワに関してはWWEはもちろん、アメプロ界では最大級のタブーです。
死後はもちろん、ベノワ絡みのストーリーや試合は公式には一切リリースされていません。
(気になる人は調べてみてください。後日、また命日が近付いた時にでも書くと思います。)

最近はビンスも態度を軟化させているようなので、
ベノワの死に関しての賛否は別として、
1人のレスラーとして再評価されることを本当に願います。



もちろんファンの心の中にはベノワの試合は深く刻まれているのですが、
個人的にはベノワの試合はメディアとして後世に残すべき試合が多くあると思っています。

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

MUZIQ
MUZIQ
「運命とプロレスする。」をテーマに
総合格闘技からアメプロにくら替えした変わり種。
今はシガナイ会社員。
いつの日かアメプロSHOPを開店するのが夢。
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Twitter by MUZIQ

@PPW_MUZIQ < > Reload

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。