プロフィール

MUZIQ

Author:MUZIQ
「運命とプロレスする。」をテーマに
総合格闘技からアメプロにくら替えした変わり種。
今はシガナイ会社員。
いつの日かアメプロSHOPを開店するのが夢。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Survivor Series 2010』結果&その後

少し遅くなってしまいましたが、Survivor Seriesの結果です。
いつもの通り、結果は白文字です。

また、翌日のRAWでの出来事もSSのその後として記載しています。
Survivor Seeries、及びその後のネタバレが激しいので、
気にされる方は閲覧注意でお願いします。

いつもの様に結果後の寸評は自己満なのでアシカラズ







--------------------------------------------------
1. US Championship : Daniel Bryan vs Ted DiBiase
   勝者:Daniel Bryan

2. Sheamus vs John Morrison
   勝者:John Morrison

3. IC Championship : Dolph Ziggler vs Kaval
   勝者:Dolph Ziggler

4. Team Mysterio vs Team Del Rio
    Team Mysterio (Rey Mysterio, The Big Show, Chris Masters, MVP & Kofi Kingston)
    Team Del Rio (Arbelto Del Rio, Drew MyIntire, Jack Swagger, Cody Rodes & Tyler Reks)
   勝者:Team Mysterio

5. Deva's Championship : Laycool vs Natalya
   勝者:Natalya

6. World Heavyweight Championship : Kane vs Edge
   勝者:Doble Pin Fall (王座はKaneの防衛)

7. Tag Championship
    : NEXUS (Justin Gabriel & Heath Slater) vs Santino Marella & Vladimir Kozlov
   勝者:NEXUS (Justin Gabriel & Heath Slater)

8. WWE Championship (Special Referee : John Cena) : Randy Orton vs Wade Barrett
   勝者:Randy Orton
--------------------------------------------------

何気に今年のSSはシナの去就問題やMITBの行使などの話題が多く、
IC王座戦やUS王座戦は個人的には大注目でした。
何気にモリソンとシェイマスの対戦も面白そうでしたし、
ナタリア姐さんの王座獲得フラグも立っていたので…


個人的に期待していた1試合目のダニエルソン対デビアスですが、
相変わらずダニエルソンは良い動きをします!
デビアスは個人的にはもっと期待していたのですが、
今のポジションでは少し厳しいですね。
印象としては多くの中堅選手に埋もれています。

意図せずともダニエルソンが引っ張って試合に強弱を付けましたが、
これはデビアスにとってはよくありません。
WWE的にはダニエルソンの方が新人ですし、
デビアスは2世レスラー(3世?)としての箔があったはずです。
親父の焼きまわしではなく彼自身の個性で勝負した方が良いと思うのですが…

また、ダニエルソンはWWEでは中途半端になってしまっている印象です。
ハードヒットが出来ないWWEにアジャストしているのは分かりますが、
いまいち彼のキレを行かせきれていない印象があります。
何度も書いていますが彼の進む道はベノさんが切り開いた「職人道」だと思うのですが…


2試合目のMUZIQの何気に注目シェイマスとモリソンは個人的には好きでした。

シェイマスはハンターさんの教育の賜物か、
安定感と説得力が出てきた気がします。
出てきた当初は叩いてごめんね。。。

当初のプッシュには反対の姿勢でしたが、
ここまでの説得力とオーラを付けさせるのはWWE故でしょうか。

モリソンは相変わらず良いです。
個人的には以前には無かったワイルドさを身に付けたことで、
「ジョン・モリソン」という個性を確立しつつあるように感じています。
ジェフの様なアイドルでもなく、かといって粗暴でもなく…

モリソンは本当に大化けするかもしれませんね!


3試合目はMUZIQ注目の2試合目(3試合目)のジグラー先生 vs ロウキーです!
これは何気に楽しみにしていたのですが、
これは評価が分かれそうですね。

まず、ジグラーが未だ1人立ちできるポジションではないという点は
勿体ないと思います。
相手によって相性があるのは仕方ありませんが、
カヴァルが相手であればもう少し上手くできると思います。
ジグラーにはそれだけの資質があると勝手に思っています。

対するカヴァルはまだまだWWEの試合にアジャストできていない感じがしました。
NXTで非常に輝いていたのでもう少し評価は先になると思いますが、
ダニエルソンと同様、中途半端なナンパキャラは辞めた方が良いと思います。

カヴァル本来の試合の独創性と、
打撃スタイルは今のギミックで生きてくるとは到底思えないんですよ。
あのインディでの危険な香りをもう1度蘇らせて欲しいです!


4試合目のイルミネーションマッチはドスカラス先生の
あの笑顔だけで「満点大笑い」です。
(←古くてスイマセン)

実力者の中にポツポツと「ノーテクニック、ノー試合構築」がいますが、
多人数戦なのでまぁ仕方ないでしょう。

本来はデル・リオとミステリオの3本勝負だった様なのですが、
これは持ち越しと言うことで、
久々に良い多人数マッチだったのではないでしょうか?
(WWE的に力入れていないのは重々承知ですが…)

MVP、スワガー辺りがもっと上で活躍すればより面白くなるのですが…

あと、タイラー・レックスが以外と光っていました。
何気に化けるかもしれません。


5試合目はナタリア姐さんが遂に戴冠です!
これで少しはディーバ戦線に動きが出ましたね。
しかもベスの復帰というおまけ付なので、今後が楽しみです。

ただ、ナタリアとベスが2人ともベビーなので、
一方のヒールターンは必須条件だと思いますが、
この2人の対戦はもしかすると既存のディーバ戦線を大きく変える威力を持つかもしれません。
トリッシュとリタが時代を作ったように、
ナタリアとベスが新世代のディーバ戦線を切り開くことを期待しています!

あっ!
キム姐にもたまにはフォーカスしてあげて!!


6試合目のケインとエッジは良くも悪くもいつもの感じでしたが、
ケインの存在感が半端無い今日この頃です。
正直、テイカー不在を忘れてしまう程の存在感を最近のケインは出しています。
惜しむらくは、ケイン自身も引退が近いということでしょうか…

基本的にケインはいつもの試合ですし、
エッジも何かが足りない気がしています。
去年のテイカーとの抗争時なんかは非常に凄いことになっていたのですが…
やはり、去年の怪我で出鼻を挫かれた感はありますね。。。

エッジもシナと同様、良くも悪くも型にはまってしまっているのが勿体ないです。
やはり本当の意味で「Rated R」のエッジが観たいです!

ただ、この抗争を引っ張ったのは個人的には良かったと思います。


7試合目のタッグ戦はぶっちゃけスカッシュマッチです。
お互いの良さを引き出せていないです。

マレラは強烈すぎる個性があるので良いとして、
NEXUS勢はもっと頑張らないと消えてしまう気がしました。
(ガブリエルとスレイターには個人的には期待しているのですが…)


8試合目のWWE王座戦は試合そのものより、
シナの去就が注目でした。

いや、バレットは決して下手ではない(むしろ上手い)ですし、
オートンも試合構築は上手いです。
まぁ~オートンに関してはダークヒーローとしては下がった感はありますが…

ぶっちゃけ試合の方は語ることがありませんでした。
この2人が真面目にやれば良い試合になる可能性はあったものの、
如何せんオートンにやる気が見られませんでした。
オートンも自分の人気に酔ってしまったのでしょうか…

試合内容もそうですが、
シナがベビーを貫いてオートンが勝利と言う構図は個人的には弱すぎでした。
翌日にThe MizがMITBを行使してWWE王座を獲得することを考えれば、
もっとやりようはあったはずです。
このままバレットを後退させるのも中途半端です。

シナがベビーフェイスを貫いたのは残念な半面、
ホッとした感はあります。
ヒールターンすれば、レスリング史に残る大事件になったのですが
WWEの商売魂がそうはさせませんでしたね。。。

シナはこれでWWEを解雇になりますが、
風の噂(笑)ではファン・シナなるジョン・シナのメキシコの従兄がWWEに参戦するそうです。
ちなみにマスクマンでしょうか…

なんかホーガンのMr. Ame…

いや、何でもないです。。。

プラスで考えればシナがこういうギミックで試合を行うのであれば、
これはシナにとって良い転機になるかもしれませんね!
正直、ベビーのまま今の路線で行っても「レジェンド」には成りえないと思っていますので…

ゼロからの自由なギミックで試合をして行って、
レスリング技術面での挑戦をして欲しいと地球の裏側から願っています(笑)



内容的には厳しいPPVでしたが、個人的には結構楽しめました。
改めてWWEは世代交代がメチャクチャ上手いと感じましたし、
デル・リオは基より、IC、US戦線の選手たちが上に行けばもっともっと面白くなるように感じます。

あっ、今年は何気に白い人の年だったMUZIQです。
スポンサーサイト

COMMENT

No title

こんばんは、明日から狩りに出かける疾風迅雷です(笑)
今年のSvSは開催自体が危ぶまれていましたからね~。それを考えたら今年はまだましだったような気がします。何せ05年以降、無意味な5vs5を何試合も組んでいたのを止めて、1試合に絞ったわけですから。

US王座戦はブライアンが防衛しましたが、個人的にはデビアスにUS王座を獲得してほしかったな~と思います。正直なところ、ブライアンがUS王座をずるずると保持し続けるのは本人にとっても周りにとっても悪影響だと思うからです。ミズのようにマイクだけで会場を支配するようなことができるわけではない彼が、かつてクルーザー級王座を保持し続けたヘルムズのようになりそうで怖い感じがしますね。技術はあるのでヘルムズのように潰れるのはあまりにも勿体なさすぎますよ。
そしてデビアスも親父のキャラを引き継いだのはまだ良いとしても、そこからの成長がありませんね。試合を作っていく技術はあるのですが、彼の魅力を引き出すようなギミックが無いのが足を引っ張っていると思います。けれどもそれは逆に、しっかりとしたギミックを見つけることが出来れば一気にトップ戦線に躍り出ることが出来ると思いますよ。
そう、かつての相棒であるダッシングなコーディのように(笑)

モリソンとシェイマスはシナ、オートン、エッジ、バティスタという02年から徐々にプッシュを受け始めてトップに躍り出た世代達から見ると次世代ということになるんでしょうね~。時が経つのは早いものです。そして次世代を担うメンバーの中でも突き抜けているのがモリソン、シェイマス、ミズの3巨頭ですね。
モリソンはマイクにやや不安が残りますが、ルックス・技術・向上心をかなりの高レベルで持っているスターですよね。ただ、最近の傾向としては技を派手に見せようとしてからか、空中技を多用しているのが勿体ないですね。個人的には06年頃の空中技を使いつつも、しっかりとしたグラウンド技で弱らせていくというスタイルが好きでした。せっかく実力はあるスターなので安易なクルーザー化だけはしないでほしいです。
シェイマスは本当にあの大バッシングから成長したと思いますね。当初は自分も散々、罵っていましたが最近の成長ぶりは目を見張るものがあります。今のWWEはギャロウズ、アーチャーといった似たような体型で同じように動けるスターがいなくなってしまったのでさらにチャンスかもしれません。将来的にはモリソンが2代目マイケルズorジェリコだとすれば、シェイマスは2代目HHHorテイカーでしょうかね。まぁ、まだまだ先の話ですが(苦笑)

IC王座戦は……カヴァルには少々がっかりかな~というのが印象です。やっぱり彼はWWEのようなメジャー向けのスターじゃないというのを強く感じさせられました。技術はあると思うのですが、その技術を今のWWEで活かしきれるかと言われれば疑問を感じさせられます。見切りをつけるのは早いと思いますが、このままのギミックを引きずるよりかは何か、新しい道を模索した方が良いと思いますね。
ジグラーは……ヴィッキーに存在感を喰われてしまっているからな~。逆に考えれば、人気ベビーになる良い機会だと思うのですが、WWE側はどう考えているのでしょうかね?好きなスターなので頑張っていってほしいです。

5vs5は久しぶりであるマスターズのPPV参戦……だったのですがね(溜息)この場合ってマスターズも勝利したことになるんでしたっけ?でなければマスターズは未だにかつてあれだけPPVに出場していたのに、1勝しかしてないことになると思うんですが(-_-;)
あと、試合としてはデルリオが全てを支配していましたね。あれは少しショーとミステリオが情けなくも感じましたが、1番の原因はあんなに突然5vs5を組んで、ろくなストーリーも作らなかったライター陣ですね。最近のライター陣はSvSに対しての手抜きっぷりが半端ないと思います。

ディーバー王座戦とWWE統一タッグ王座戦はパスで。正直印象が無さ過ぎる。

世界ヘビー級王座戦は相変わらずこの2人はどこかが噛み合わないなという感じでした。エッジは似たような体型のテイカーとは噛み合いましたが基本的にスーパーヘビー級のスターとの試合では塩試合が多いです。それを考えたら今回の結果も納得できます。
ケインもオーラーは未だに凄いですが、テイカーと同じで劣化が激しいです。それでもテイカーと違って大きな休みもとらずにロードに出続けているのは尊敬に値しますが……この2人が試合をするのは特殊形式戦が1番ですね。そういう意味ではTLCが楽しみです。

WWE王座戦はそこまでバレッタは悪くはなかったと思います。確かにオートンのやる気の無さはかなり酷いレベルですがバレッタは必死に喰らいついていこうという気持ちが出ていたと思います。こういうところでベテランであるオートンが新人であるバレッタをサポートして試合を作って行くのが理想だと思うのですが……そういう意味では最近のオートンには非常に失望していますね。
次の日におけるRAWでのシナの離脱、そしてミズの戴冠は大変大きな衝撃を与えましたがやはり、オートンのモチベーションが気になります。ミズにとっての正念場でもあると思うのでオートンにはしっかりと先輩としてミズを1ランク上へと引っ張ってやってほしいですね。

それでは今日はこれで。

ここでネクサスと正規軍の5対5でよかったかもですね。
シナがキーマンになるみたいな。

とりあえずシナがちょっと前からドロップキックを使うようになったのはルチャ用の練習ですかね?
あっ、従兄弟かw

いくつか質問あります

お久しぶりです いつもブログ読まさせてもらっています

さていきなりですが質問がいくつかありますので分かる範囲で良いので答えてください

1 JOHN CENAはなぜこんなに早く復帰したのですか?はっきりといってこんなに早く復帰させる予定ならそもそも解雇という設定はいらない様に感じました
2 UNDERTAKERはWRESTLEMANIAまでに間に合いますか?もはや今年で引退ですか?

3 今年のWRESTLEMANIAのメインイベントはMIZでしょうか?
もしそうだとしたら早過ぎませんか?

4 今年のROYAL RUMBLEはどんなサプライズがあると思いますか?

5 次のTHE ROCKみたいな候補は誰だと思いますか?

よろしくお願いします!

Re: No title

> 疾風迅雷さん

2ヵ月近くも返信・更新できずに申し訳ありませんでした。
当方の生活面の問題で更新できませんでした。
深くお詫びいたします。

狩りには出られましたか?
自分は一世代前の狩りをしようか迷い中です。
(ただ、G GenerationとSvR2011を買うので止めてます。)

デビアスは完全に中堅どころに埋まってしまった感じがしますね。
素材としては一級品だと思うのですが、
それを生かしきるという意味で試合構築はまだまだですからね。
彼が受けのレスリングを極めたら面白いかもしれません。

ダニエルソン(じゃなくて、ダニエル・ブライアン)は結構長期保持していますが、
ジグラーとの試合はWWEの未来の「数え唄」になりそうな気がしました。
本当はドスJr.と一緒に格上げしてあげたら面白いかと思うのですが・・・
一昔前は大柄な選手がまだまだ実験を握っていた感じがありましたが、
近年はレスラーとしては中型の選手の台頭が著しいですね!
プロレスラーとしての引き出しという意味では、
ブラインはWWEでもトップクラスのはずなので楽しみな存在です。
ちなみにヒールターンしたらどうなるんだろ・・・

ってかダニエルソンがWWEのライトファンに
ここまで受け入れられるって予想が付かなかったですよね。
アメリカの底力を見た感じです(笑)

シェイマス、モリソンは自分の中では2010年末の注目カードでした。
正直、侮っていました。
シェイマスは間違いなくトップ戦線に出しても恥ずかしくないレベルになりかけていますし、
トップレスラー特有のオーラを纏い出しました。
まぁ~ここから先が長いんですが・・・
モリソンはポスト・HBK、Y2Jなのは同意ですが、
この2人とは違う輝きを持っているように感じてきました。
ただ、こっちもまだまだ1人でベルトを輝かせられるレベルには達していないと感じているので
ここからの更なるレベルアップは必要だと思います。
(ちなみに、髭面のモリソンの方が個人的には好みです。。。)

カヴァルは残念ながら解雇されてしまいましたね。。。
正直、カヴァルの動きはWWEの超管理プロレスでは
あまり生きなかった(使い難かった)というのが本質の様な気がしています。
ただ、もっとWWEで殺気プンプンのロウキーを見たかったというのが本音ではあります。

ジグラーは遂にプッシュが始まりましたね!
彼の「受け」の技術は超一流ですし、キャラ立ちもあるので面白い存在だと思います。
ジグラーの場合もモリソンと同じで、
「1人でベルトを輝かせられるか?」という点では現時点で「No」なので、
ファンに認めさせる過程をきちんと踏んでほしいですね。
そういう意味でミズの最高峰王座戴冠には少し否定的です。
(ただ、ミズの場合はズバ抜けたマイクがあるので、
 結果は後から付いてくると思います。)

エッジは2009年の怪我の影響が大きいように感じています。
2007年~2008年までと2009年後半以降では、
全く身体のキレが無くなっているように思います。

自分は元々、エッジに「試合巧者」というイメージはないのですが、
間の測り方は超一流だと思います。
しかし、フィニッシャーがスピアーなので、
どうしてもスーパーヘビー級相手だと技が軽くなってしまうんですよね。

やはり自身のフィニッシャに依存しない特殊形式(HIAC、TLC、Ladderなど)の
ハードな試合ならば説得し力の弱体化が防いで勝負ができるので、
好勝負になりやすいのではないでしょうか?
ただ、エッジのRated Rぶりは堪りません!!
(ちなみに携帯の待受けです。)

バレットは普通に「良いレスラー」だと思います。
やはりここは格の差があるので、
シナに関しても言えますが、ここはオートンが歩み寄るべきでしたよね。
バレットに関しても中堅からトップへの大きな壁に当たっているような気がするので、
SDに移籍したことですし、思い切ってベビーターンしては如何?
(ベビーのバレットNEXUS vs ヒールのCM NEXUS)

ヒールならリーガル師匠と成金JBLを足したようなギミックは似合いそうですが・・・
(今後に期待です!)

あと、オートンの気分次第のコンディションと
微妙路線進行中のギミックは何とかなりませんかね?
せっかくダークヒーローとしてSCSAに最も近い存在になっていたのに・・・

Re: タイトルなし

> ゆ~すけさん

一身上の理由で返信できなくて申し訳ございませんでした。

シナの従兄、ファン・シナは2週間程度でフェードアウトしましたね・・・
なんだったんだ??????(笑)
ハウスショーでファン・シナを見た人はかなりレアです!

シナのレスラーとしての引き出しを増やすのはWWEにとっても、
シナにとっても急務だと思うのですが・・・
決してレスリングが上手いとは言えないですし、
ワンパターン化している試合ではコア層のファンからブーイングを食らうだけです。
いや、年々巧くなっていってるとは思っているのですが・・・

Re: いくつか質問あります

> RIKISHIさん

返信できず申し訳ありません。
遅くなりましたが、頂いた質問に自分の意見を書かせて頂きます。
(オフィシャルな回答はWWEに聞いてください。)

> 1 JOHN CENAはなぜこんなに早く復帰したのですか?
> はっきりといってこんなに早く復帰させる予定ならそもそも解雇という設定はいらない様に感じました

自分も同意です。
あのブックはいらなかったように思います。

おそらく「大人の事情」だと思います。
例えば「グッズの売上が激減した」、
「視聴率面で、TV局がNOを出した」、「ブック責任者が解雇された」といった様なことです。

「ジョン・シナのNEXUS入り」というブックの話題性と、
実際の展開が全く一致しなかった悪しき例に加わりますね。。。


> 2 UNDERTAKERはWRESTLEMANIAまでに間に合いますか?もはや今年で引退ですか?

これは分かりかねますが、
噂ではWade BarrettかEzekiel Jackson、Kaneが候補として挙がっているようなので、
Wrestlemania 27に合わせて調整している最中ではないでしょうか?
(個人的には「出る」と思います。)

引退に関しても分かりかねますが、
バレットやジャクソンがレベルが相手であればまず引退はありません。
エッジやハンタークラスでも怪しいです。
ただ、ケインだけは別です。
ケインとの祭典での3度目の対戦フラグが立てば引退に黄色信号ですね。


> 3 今年のWRESTLEMANIAのメインイベントはMIZでしょうか?
>   もしそうだとしたら早過ぎませんか?

まだまだ3カ月以上あるので、
ミズには悪いですが王座から陥落するとみています。
今のミズではまだまだWrestlemaniaのメインには荷が重すぎますし、
ミズの将来を潰しかねません。
期待する中堅にWWEがそんなギャンブルをするとは思えませんしね・・・

おそらくベルトはオートンなり、シナなり、ハンターなり、
行くべき場所に落ち着かせると思いますよ。
(超変化球でシェイマスという線もあり得ますが・・・)

3か月もあれば状況はがらりと変わるので、
今の時期には何とも言えませんね。


> 4 今年のROYAL RUMBLEはどんなサプライズがあると思いますか?

難しいですね。
まぁ~順当にはハンター復活ですかね。
その次にブッカーT、レスナー辺りですかね。
超飛び技でスティングといった線もありますが、
WWE的には待ちに待ったスティングをこのタイミングで出すのであれば(試合内容はアレですし・・・)
レッスルマニアまで引っ張るいがします。

自分の予想は1位がハンター、2位がレスナー、3位がブッカーTです。


> 5 次のTHE ROCKみたいな候補は誰だと思いますか?

The Rockは間違いなく稀代のカリスマです。
眉毛を片方上げるだけで、あれだけの歓声を起こす選手は私の記憶にはありません。

一部ではミズがその役目を負うように言われていますが、
自分はミズではないように感じます。
ミズはミズの狡猾さという良さをプッシュすれば良い結果になるのではないでしょうか?

飛ぶ抜けたカリスマ性、ぶっ飛んでる天才的なマイク、確かなレスリング技術、端正なルックス、
優れた身体能力・・・

プロレスラーに必要な全ての能力を持ち合わせていた100年に1人の逸材かもしれません。
ロックと共にもう1人の稀代のカリスマ:Stone Cold Steve Austinを
WWEに巡り合わせたWWEはまさしくプロレスの神に選ばれた団体なのでしょう。

話は大きくずれましたが、
ロックの後継者として近いと感じるのは2010年に覚醒後のTyler Blackですね。
去年にWWEの下部組織に入って、「セス・ロリンズ」という名前でやっています。
覚醒後の状態をどこまで維持できているのかが分かりかねますが、
ROH後半期の勢いでWWEにデビューすれば面白い存在になるかもしれません。
そういう意味では、現WWEで1番ロック様に近い男はCMパンク先生かもしれませんね。

でも、やはりロック様はロック様ですね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: よろしくお願いします

> たいやパンクさん

温かいお言葉をありがとうございます。
実はプライベートPCのHDDが壊れてしまい、更新ができない状態でした。
(会社のポリシーに違反するのですが、今は仕事用PCからの返信です。)
本当に申し訳ありません。

来月上旬までは
なかなかアメプロをリアルタイムにチェックすることが難しいのですが、
更新頻度を上げていきたいと思います。

本当にありがとうございます。

我が儘ばかりすいません。
MUZIQさんのプロレスに対する観点はとても面白いです!
そうなんですか
更新出来るときを楽しみにしてます
またコメント書かせてもらいます!
でわ失礼します

Re: タイトルなし

> たいやパンクさん

コメントありがとうございます。MUZIQです。
たいやパンクさんから頂いたコメントは本当に励みになりました。
ありがとうございます。
なるべく更新頻度を上げていこうと心を新たにしました。

つたない自己満ブログですが、楽しんで頂ければ嬉しいです。
それでは、今後ともヨロシクお願いします。

EDIT COMMENT

非公開コメント

MUZIQ
MUZIQ
「運命とプロレスする。」をテーマに
総合格闘技からアメプロにくら替えした変わり種。
今はシガナイ会社員。
いつの日かアメプロSHOPを開店するのが夢。
検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Twitter by MUZIQ

@PPW_MUZIQ < > Reload

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。