プロフィール

MUZIQ

Author:MUZIQ
「運命とプロレスする。」をテーマに
総合格闘技からアメプロにくら替えした変わり種。
今はシガナイ会社員。
いつの日かアメプロSHOPを開店するのが夢。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Hell In A Cell 2010』簡易感想&今後の予想

『Hell In A Cell 2010』の結果です。
詳細に関してはWWE Expressさんや海外サイトでもアップされているので触れませんが、
基本的に激しくネタバレ(基本的には結果のみ)です。
一応、勝者は白文字で記載しているので、
ドラッグして反転させると見えるかと思います。

(ちなみに私は時間の都合上、取り急ぎ4試合目まで観ました。)








---------------------------
[『Hell In A Cell 2010』簡易勝敗結果]

1. United State Championship (Submission Count Anywhere)
   :Daniel Bryan vs The Miz vs John Morrison
  勝者:Daniel Bryan

2. WWE Championship (Hell In A Cell):Randy Orton vs Sheamus
  勝者:Randy Orton

3. Edge vs Jack Swagger
  勝者:Edge

4. John Cena vs Wade Barrett
  勝者:Wade Barrett

5. Devas Championship:Micheal Macool vs Natalya
  勝者:Natalya

6. World Heavyweight Championship:Kane vs The Undertaker
  勝者:Kane

---------------------------

初戦のUS王座戦は個人的には消化不良でした。
決着場所をリングに限らなかったことで、
ダニエルソンのタイトさを上手く活かしれていない印象ですし、
ミズとモリソンも同格(WWEのレスラーランクでです)の相手との試合では
やはり物足りなさを感じます。

細かい場所でミズが良い動きをしていたと思いますが、
自分から作るタイプの選手では無いので少し厳しかったように感じます。

モリソンもいい動きをしていたものの、
やはりJeff Hardyのダイブに慣れているとモリソンのダイブでは少し物足りませんね。
(改めてやる気がある時のジェフは凄いと実感…)
あれをスターシップペインでダイブしていれば半端無いことになっていたと思いますが、
あまりに危険すぎますかね。。。

個人的に今年の主役の1人であるダニエルソンは
まだWWE仕様のクロスフェイスを上手く使いこなせていない印象があります。
技の入りがベノさんよりも大きい分、
フィニッシュのテンポが壊れてしまっていて
「電光石火のクロスフェイス」という印象は今のところはありませんでした。
まぁ、使い手がダニエルソンなので普通にアジャストしてくるとは思いますが…
あとやはり、ライト層が多くファミリ路線のWWEでトップ戦線に食い込む為には
もう1華欲しいところですね。
(結構、厳しい事を書いていますが3人とも好きな選手です。)


第2試合は、個人的にはいつものオートンとシェイマスの試合といった感じでした。
最後に鉄階段を利用したのでHIACの体裁を保ちましたね!

シェイマスも個人的には頑張っていると思いますし、
決して下手な選手では無いと思っているのですが
WWE王座戦線の常連となるとまだ厳しい感じはします。

それこそスワガーやMVP、クリスチャン辺りの確かな下地のある選手と抗争をすれば、
もっと伸びると思います。
(やはり時期尚早だった感が…)
ハンターさんも良いですが、
この辺の中堅と高評価の試合をすることで評価が一気に上がる気がします。

あと何度も書いていますがシェイマスはベビーの方が良いような気がします。
確かに、トップ戦線に行く為にはヒールの経験が非常に重要ですし、
ヒールの方が食い込みやすいのですが
悪ぶっててもシェイマスは「イイ人オーラ」が出てますもん。。。

いや、シェイマス…
個人的には好きですよ!

オートンはオーラは超一流ですし、今のWWEの間違いなくトップになりましたね!
ただ、オートンも個人的には今一つ足りないものを感じます。

今のオートンはベビー寄りということもあり、
必要以上にオーラのみで試合をしている感じがします。
(実際には非常に高いレベルなのは分かっていますが、オーラの方が強烈すぎます。)
オートン自身も言っている様にやはりヒールよりの方が良い気がします。

今のオートンは2008年初頭の「バイパー」でもなく、
今年初めの「ダークヒーロ―」でも無くなってしまっているように感じます。

個人的にはビンスにパントキックを見舞った頃に「SCSAの再来」とオートンを表しましたが、
もしかしたら間違っていたのかもしれません。
正しくは「"ストーンコールド" ロッキー・メイビア」が良いのかもしれません。

路線自体はダークヒーローが良いと思うのですが、
ロック様の様に強烈な個性の中に確かな実力を発揮する選手になる器だと思います。
勿論、オートンはオートンですのでオースチンやロック様を真似る必要はないのですが、
方向さえ間違わなければ、
オースチン、ロック様等の別格レジェンドに肩を並べられる様に感じています。


3試合目は世界王座を手放して以来、空気になっていたスワガー君の久々の登場です。
個人的には楽しめましたが、
なんとなく今年に入ってエッジが不調の様に感じます。
昨年、怪我をする前までのキレが無くなったというか…

スワガーは素材としては超一級品だと思うのですが、
WWEが上手く使えていない印象は否めませんね。
カート大先生のコピーレスラーにしようとしたのがそもそもの失敗…

たしかにカートとスワガーは共通点も多いですが、
カートは別格すぎるでしょ…

アマレスとプロレスの双方で世界の頂点に上り詰めた選手ですし、
それだけでなく「プロレスラー」としての才能に恵まれ過ぎている選手ですからね。
カートの試合を見ていると、
「この人は本当にプロレスが好きなんだな…」
と感じます。

正直な感想を言うと今の段階ではスワガーにカートの後釜は
荷が重すぎだったと思います。
とわ言っても、トップ戦線に食い込むには十分すぎる素質があると思いますので、
再プッシュを希望します!


さぁ、今大会で1番のサプライズであった4試合目です。
まさかのシナのNEXUS入り…

最近、ビンスはシナのヒールターンに否定的では無くなったとの噂がありますが、
これはオートンがダークヒーロ―として
確固たるポジションを確立したからでしょうか?

正直、シナのヒールターンは想像できないですが、
今後のパターンとしては3つあると思います。

--------------------------
1. JBLに雇われたHBKのストーリーの焼きまわしで、
  シナの反乱によってNEXUSの解体

2. 本格的にヒールターン
  (超極悪でお願いします!)

3. シナ効果によって逆にバレットが追放され、
  バレットの1人立ち&NEXUSのフェイスターン

--------------------------

個人的には「2」にハンターさんを絡めた形を希望しますが、
シナのファン層とWWEのプッシュ傾向から考えた場合、
「1」と「3」で行くような気がします。

①NEXUS加入したものの、
  シナはJRのいう「反骨心」でヒール行動に苦悩し、
 NEXUSを内部崩壊に導く。

②シナの行動に激怒したバレットがシナに追放マッチを提案し、
  SS辺りで「敗者追放マッチ」を行う。

③バレットが破れて、NEXUS追放決定 & NEXUS解体
  → バレットの1人立ち


ん~個人的にはなかなかありそうな展開です。
ただ、謎の「ファン」の乱入(2人)でシナが負けたことから

この2人はNXT2シーズンの2人だと思うので、
NEXUS解体後にバレット以外のメンバーと組んで
NXT2のユニットと抗争ですかね…


第5試合からは見視聴ですが、結果から感想だけ。
女子王座戦線に遂にナタリア姐さんが参戦です!
できればこのまま参戦をお願いしたい。

レイクールの反則負けという結末 + ナタリアの方が最終的に勝ったことから
当分は抗争に入るような気がします。
これでベスが戻ってくればナタリアとベスで一気に女子戦線が盛り上がると思います。

個人的にはこの2人にプラス、キム姐を加えてあげて欲しい。

総合力のナタリア、パワーのベス、技術のキム姐で
試合内容的には凄く面白いと思います。
(あっ、レイクールも嫌いじゃないんですがね…)


第6試合はWWE編のドル箱カードの破壊兄弟対決です。
今回もケインの勝利でした。
このところテイカーはケインに苦杯を舐めさせられ続けていますね。。。
(本当に引退が近いんじゃないかと思っちゃいます。)

今回はベアラーの裏切りでの敗戦でしたが、
少しストーリーのテンポが早いように感じます。
(実は事前にベアラーの裏切りは予想していました。)

たしかSSはテイカーのデビューだった様に思います(記憶が曖昧です)が、
下手したらWMを待たずにSSで引退とか…
(なかなか無いとは思いますが…)



後半は特にかなり簡易的な感想になっていますが、
『Hell In A Cell 2010』はかなり動きがあったブック上は重要な大会になりましたね。
(試合内容は別です。)

ってか既にレビューと呼べる記事ではないですね。。。
(どちらかというと感想ですね)

続きを読む

スポンサーサイト
MUZIQ
MUZIQ
「運命とプロレスする。」をテーマに
総合格闘技からアメプロにくら替えした変わり種。
今はシガナイ会社員。
いつの日かアメプロSHOPを開店するのが夢。
検索フォーム
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Twitter by MUZIQ

@PPW_MUZIQ < > Reload

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。