プロフィール

MUZIQ

Author:MUZIQ
「運命とプロレスする。」をテーマに
総合格闘技からアメプロにくら替えした変わり種。
今はシガナイ会社員。
いつの日かアメプロSHOPを開店するのが夢。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『TNA : Bound for Glory 2010』感想

1週間以上経ってしまいましたが、
「TNA最大の大会」である『Bound For Glory 2010』の結果&感想です。
勿論、ネタバレ有ですので注意してください。

何気にBFGは2006年から毎年欠かさず観てるな…
あっ、気が付けば今年のTNAのPPVを全部DVDで集めてる自分がいます。
(そこまで今のTNA自体に魅力は感じていないんですがね。。。)






-------------------------
1. TNA Tag Championship : Morter City Machine Guns vs Generation Me
   勝者 : Morter City Machine Guns

2. TNA Knockouts Championship (Special Referee : Micky James)
    : Angelina Love vs Velvet Sky vs Madison Rayne vs Tara
   勝者 : Tara

3. ink Inc. vs Orland Jordan & Eric Young
   勝者 : ink Inc.

4. X-Division Championship : Jay Lesal vs Douglas Williams
   勝者 : Jay Lethal

5. Monster's Ball Match : Abyss vs Rob Van Dam
   勝者 : Rob Van Dam

6. Kevin Nash, Sting & D'Angelo Dinero vs Jeff Jarrett & Samoa Joe
   勝者 : Kevin Nash, Sting & D'Angelo Dinero

7. EV2.0 vs Fortune
   勝者 : EV2.0

8. TNA Championship : Kurt Angle vs Jeff Hardy vs Mr. Anderson
   勝者 : Jeff Hardy

-------------------------

今回は大きな動きがあったので、試合内容の感想は端折ってサラッといきます。
(時間の関係上、書けない言い訳です。)


まず、1試合目はある意味「鉄板」です。
タッグチームの安定感はWWEを凌駕していると思います。
まぁ、単純に今のWWEのタッグチームに魅力が無さ過ぎるのですが…
(別にハートファミリーをディスってる訳ではないですよ。)
MCMGは1試合目でなくても良いと思いますが、
盛り上げる安心感の高さは折り紙つきなので妥当な試合順だと思います。

2試合目はKnockoutsの試合。
これまたWWEの弱い箇所ですので、もっと力を入れてもいいと思うんですよね。
正直、キム姐やコングがいた頃と比べるとキツイし…
まぁ、個人的にはラブ姐とスカイ嬢を拝めただけでオールOK!
あの入場シーンとパイオ…以下、自粛(笑)

3試合目はトイレ休憩です。
とは言いつつ、OJは良くなりましたね!
ぶっちゃけWWEの頃より何倍も光っています。
(個人的にはあまり好きな選手ではないのですが…)
ヤングはこのポジションで泣かず飛ばずになる気がしなくもない今日この頃です。

4試合目、X-Division王座戦ですが、個人的には不満でした。
リーサルが王者で、ダグラスが挑戦者という構図もありはありなのですが、
TNAにはもっとこのタイトルに相応しい人材がいるはずです!
WWE(ってかビンス)がクルーザー級を圧倒的に嫌っている現状を見れば、
ここで1つの「売り」を作れるはずなのですが…
タッグ戦線、ノックアウツ、X-Divisionの3つはTNAがWWEに対抗する
大いなる武器としか自分には見えないんですが…
WCWの焼き直しをしてどうすんだ。。。

5試合目は久々にAbyssの良試合でした。
やっぱアビスに正統派レスラーは痛いです。
RVDも相変わらず劣化バージョンですが、試合形式でなんとかなっています。
(正直、RVDの最高峰王座戴冠には批判的なんで…)
ホーガンはアビスを「ポストJohn Cena」と言いましたが、それはあり得ません。
共通点はレスリング技術が…(以下、略)
まぁ、シナは間違いなく「スーパースター」ですが、アビスはそうではないということです。

6試合目の個人的には良くなかったです。
メンツは間違いなくTNAのトップ選手を集めていますが、
タッグとなると違和感ありまくりでした。
個人的にはJJとStingはシングルで観たいです。
ホープ、ナッシュ、スティングも頑張っていると思いますし、
レスラーとしてまだまだイケる選手だと思いますが、
だからこそ塩試合でもシングルで観たいんですよね…
惜しい感じがします。

7試合目のセミファイナルは復活ECW vs フレアー軍団でした。
ECW好きのMUZIQとしては悲しい事ですが、
あまりに格が違いすぎでした。
(ここではレスラーとしての「格」ではなく、選手としての純粋な「格」です。)
正直、ECWは名実ともにもう終わったのだと私の中では思っています。
あの全てを飲み込むブラックホール団体は過去のものとなったのです。
それを今に蘇らせることはECWのファンとしては悲しい現実です。
ヘイマンだからできた、90年代だからできた、若かったからできた…
TNAで彼らを見ていると、そんな悲しい感じがしてしまう自分がいます。

8試合目のメインは、2ヶ月近く引っ張ったTNA王座戦が遂に決着です。
内容自体は良かったのですが、ホーガン、ビショッフの登場で空気が一変…
ジェフ、まさかのヒールターンです!

「They」って、TNA版nWoだったのね…
これは衝撃でしたが、どこかでWCWのホーガンヒールターンやWM17のSCSAのヒールターンと
同じ様な印象を受けたことも事実です。
「衝撃ですが三番煎じ」。
これが私の正直な感想です。

「BFGで負けたら引退」と言っていたカートはおそらく休養に入るでしょうし、
アンダーソンは完全なベビーって印象はあまりなく、
どうしてもヒール的ベビーが似合う気がする。
ホープはまだまだ厳しいですし、AJはヒール…
誰がTheyに対抗すんの?

まぁ~普通に考えればFortuneが妥当だと思います。
They、Fortune、EV2.0が三つ巴の抗争をすればかなり熱いです。
完全にレスリング思想の対決ですから…
言いかえれば、「カリスマ vs テクニック vs ハードコア」という構図です。

Theyのメンツは、ホーガン、ビショッフ、JJ、アビス、ジェフというところでしょうか…
なんか統一感の無い感じがしなくもないですが、
なにわともあれ今後のTheyのブックには注目ですね。
離脱しないとしたらナッシュ辺りは入ると思いますが、
今回入っていないとすると本当に離脱するのでしょうか?


NEXUSの登場時に比べれば「どこかで見た風景」であることから、
この辺がメジャー路線でのWWEとの決定的な差なのでしょうね。。。
やはり、TNA躍進の鍵はタッグ、女子、X-Division…



あっ、Team 3D (Dudley's)は本当に引退するのでしょうか?
(ここ最近の劣化を見ていると引退した方が良い気もしますが、やはり悲しいです。)
スポンサーサイト

TNAの中のECW

今月は全然更新できなくて申し訳ないです。
ちょっとプライベート(まぁ、ブログもプライベートだけど…)で色々あって
更新の時間がなかなか取れませんでした。

あぁ~WWEもTNAもPPVのレビューしてない。。。
ってか、ちゃんと観てない…

結果を見たところ、
WWEは完全に世代交代に向けて着々と動きだしましたね!
NEXUSもそうですし、MITBもそうですし…
一方のTNAはなかなか世代交代が進みませんね。

良く言えば「メジャー志向」に行きつつあるのですが、
悪く言えばWCW時代の焼き直しでしかありません。
RVDはオリジナルECWフリークのMUZIQからすると大好きな選手ですが、
決して「Mr. TNA」ではありません。
(「Mr. ECW」ならまだ同意できますが…)

詳しいPPV結果等は改めて書きたいと思いますが、
自分が思う現在のTNAの問題点は下記だと思います。

-----------------------
1. Abyss等、上層部の評価とファンの評価が一致していない。
2. Desmond Wolf, Mr. Andersonなどのプッシュすべき選手の格を落としてしまった。
  (選手の以降に寛容すぎる)
3. X-Division戦線の大幅劣化
4. ストーリーが中途半端
  (これは突き詰めていけば強みにもなり得ますが…)
5. 試合の「質」は一部の選手のみがずば抜けて高く、質の差が非常に大きい
6. Ric Flairの扱い(位置付け)に失敗
7. 所属選手が多すぎる
  (既にプロレスが成り立っていない選手が無駄に所属している)
-----------------------

良い要素もあるんですが、
やはりホーガン、ビショッフ、ディクシー、選手の各々が上手く噛み合っていない印象です。
全てがそれぞれに権限を持っているのが現在のTNAの現状なので、
団体としての統一感が無いんですよね。
PPVを観ていても各試合でブツ切りになっている印象があります。

ホーガン加入の効果があったことは明白なのですが、
それが名実ともにWCWを彷彿とさせてしまっているのは何とも残念です。

カート、ジェフ、アンダーソン、AJ、ウルフ辺りをまともにプッシュすれば
普通に盛り上がる感じはしますけど、
やはりWWEよりも劣って見えるのは団体の歴史の差なのでしょうか?

なんやかんや言っても今の段階ではAJが「Mr. TNA」に最も近い気がするのですが、
さすがに最高峰でやるには「どうかな?」とも思います。
そうなるとやっぱカートかスティングしか…

TNAの最大の弱点は選手に権限を与え過ぎている点かと思います。
これは間違いなく良い結果を生み出しません。
特に狭き門を潜り抜けたのアスリート達はエゴの塊ですからね。
コレを厳格にしない限りはTNAの将来は暗いと感じます。



そういえばPPVの『Hard Justice』が『Hardcore Justice』として
旧ECWをフィーチャーしていますね!
ECWファンの自分としては嬉しいのは嬉しいんですが、
大人の事情しか見えてこないのが難点です。


既に皆が愛したECWは存在しない。


私もTNAのECW特集を観ましたが、そんな感想しか持てませんでした。
ECWがECWで合ったのは、
やはりヘイマンが言うと通り「一種の奇跡」だったのだと感じます。
それはWWECWの時にも同じことを書いた気がしますが…

正直に言うと、
ECWを引っ張ってきたTNAに幻滅しています。

たしかにトミーやRVD、レイヴィン等のレスラーが揃ったのは嬉しい事です。
(PPVではSabuも加わることが濃厚とか…)
皆好きな選手です!

正直なところ私は
「観たくありませんでした。」

ECWの復活はある意味でファンの願いですが、
その一方で私は復活して欲しくないとも思います。
ECWは死んだのです。

2005年の『One Night Stand』の一夜限りの復活は確かに燃えました!
あのメンバー達が再び集まったのですから…
その後、WWECWが発足し、「ECW」のブランドは地に落ちました。
(ある意味、ビンスはそれを狙っていた節もありますが…)

これ以上、ECWという名前を客寄せパンダにされるのは本当に悲しい事です。


TNAの話をしてたのに何故かECWの話になったので、
この辺にしておきます。

早くもTNAが月曜から撤退

第2次月曜戦争を仕掛けたTNAですが、
早くも月曜日から撤退するとの情報が入りました。
というか、発表されました。

つい先日に「第2次Monday Night Wars」に期待するという記事を書いたばかりでしたので、
自分としてはビックリしましたね。
勿論、Monday Night Warsはリアルな企業の潰し合いなので負の側面も多いですが、
アメプロ界全体で考えればプラスの面も大きいと思うのです。

SCSAとビンスの抗争に代表されるアティチュード路線や、
放送コードギリギリのネタ、
D-Generation-Xの台頭などは全てMonday Night Warsの産物ですからね。
nWoやGoldberg旋風も同様です。

戦争なのでWWFとWCWの様に突き詰めていけば片方が崩壊しますが、
「盛り上がり」という面では企業側もファンも本気でぶつかるから面白いんですよね。

おそらく今回のTNAが月曜日がら撤退するのは、
まだまだ資金力も番組構成もWWEに対抗できるレベルでは無かったということでしょう。
個人的には期待していたのですが、
Impactを見る限りは確かに違和感(無理矢理メジャー路線に転換)した感がありましたからね…

ケネディ(じゃなくてアンダーソン)やウルフ、ホープが良い働きをして、
新たにジェフやRVDを獲得したのも大きいと思いますが、
如何せん急ぎすぎましたね。
(RVDの最高峰王座獲得等…)

現状のTNAではやはりAJ、ジャレット、スティング、ジョー辺りを中心に据えて
そこにWWE離脱組等の新規参戦メンバーを絡ませて行く方が良かったと思うのですが…
カートにしても間違いなくトップクラスのレスラーですが、
選手過多になってから役割が見えていない印象がありましたし…

おそらくですが、TNAの月曜移動はホーガンがプッシュしたと思います。
ホーガン自身、「WWEとガチンコで対決したい。」と語っていましたし、
WWFとWCWのMonday Night Warsも突き詰めていけばホーガンとビンスの戦争ですからね。

今回のTNAの月曜撤退は多くの要因が絡んだ事件だともいます。
まず、ホーガンのTNA(または自身)/WWE離脱組への過信、
ディクシーの読みの甘さ(+ TNAの過信)、
ルッソーのライターとしての限界などが大きな要因であった気がしています。

これでTNAがWWEに完全に敗れたことにはなりませんが、
この半年で大きな変貌を遂げたTNAが、方向性を見失っていたことは
明白な事実の様な気がしています。
上層部の責任問題も含めて、
この部分をどの様に修正するかでTNAの将来が決まってくると感じます。

何気に今回のドラフトでWWEが「RAW」にトップ選手を終結させたことも
TNA潰しだったと感じます。
つまり現在のTNAにはWWEからのプレッシャーに耐えられる気力も体力も無かったのだということが
証明させる結果となってしまいました。

やはりTNAの生きる道はメジャー団体(WWEしかありませんが…)を尻目に、
如何にX-Division戦線やウルフなどの新興の選手を育てていくかしかないような気がしています。
企業もそうですが、
急で大きな変革は必ず歪みを生み出します。

あえて書きますが、
ホーガンが加入したことの「負の側面」が噴出した結果であると言えるかもしれません。
(ホーガン自身はもっと自分の割り当てが増えれば視聴率も上がると考えているそうですが…)

辛辣なことを書きますが、
現在のTNAはWWEの下部組織という印象はやはりあります。
グダグダな試合展開に、独りよがりのストーリー(ギミック)…

TNAがTNAたる絶対的な「売り」を排除した結果、
もしかしたら既に修正不可能な段階まで来ているのかもしれませんね。
(そうならない様に期待するのみです!)

皮肉なことですが、
ビジネスマンとしては「超」がつく一流であるビショッフの権限が
この件を境に大きくなれば、それはそれで面白いかもしれません。

TNAがPaul Heymanにオファー !?

TNAがPaul Heymanにオファーを出している様です。

どうやら今回はライターとして起用したいようですね。
各方面から非難轟々のルッソーの後釜でしょうか?

TNA側としてはヘイマンをライターに起用してECWの要素を盛り込みたいとのことでしょうね。
未だに熱狂的なファンを持つ旧ECW(私も大ファンです!)ですから、
そのファンを取り込むことも当然視野に入れているでしょうね。

ただ、個人的には今のTNAにヘイマンが参加したとしても速攻で離脱すると思います。
TNAがヘイマンの魅力を活かすことは無理だと思っています。


まず、ECW(もっと言うとヘイマン自身)の魅力はインディだからこそできる部分なのだと思います。
TNAの選手の多くはWWEからの解雇組になっていますし、
ホーガンやビショフとヘイマンは「水と油」以外の何物でもないでしょう。

おそらくヘイマンのオタク的思想は時を経るにつれて、
カートやスティングに代表されるエリート選手は勿論、
ホーガン、ビショフ、如いてはディクシーも拒絶する様な気がします。

もっと言えば、
RVDやTeam 3Dなどの旧ECWの選手が多数在籍しているということもヘイマン召集の要因なのでしょうが、
既にRVDやTeam 3Dの舞台はECWではなくなっています。
年齢的にも厳しいですし、
彼らがWWEという大舞台で活躍したことで、拍が付いたことも彼らが既にECWでは無い理由です。

悲しい事ですが、ECWは既に存在しないのです。
彼らのECWでの功績やギラギラした魅力は
ECWという舞台だからこそ活きたのだと思っています。

まだまだインディ臭が抜けていないTNAですが、
ECWの様な泥臭さはありません。
コレを良しとするか、否とするかは難しい部分ですが、
少なくともECWの再現は不可能でしょう。

WWEがECWを復活させたにも関わらず、
残念な結果になったことからTNAは学ぶべきだと思います。


ECWファンがWWEを単に毛嫌いしたからでしょうか?
WWECWに注ぎ込む予算が少なかったのでしょうか?
(あり得ないと思いますが…)



私はWWE(メジャー団体)とECWが決して交差しないベクトルだったのだと思っています。



前にも書きましたが、
ECWは単なる過激なハードコア団体ではありません。
プロレスの「オモチャ箱」だったのだと思います。

地味なDDT1つで魅せることができる選手が今のTNAにいるでしょうか?
いないと思います。
それはTNAの現在の路線に反しています。

TNAは観客の介入を許すでしょうか?
許さないと思います。

もっと言えば、TNAはハードコア路線の管理プロレスを目指している様な気がします。
これはWWEのファミリー路線に対応する狙いもあるのでしょうが、
予測不能の生々しいプロレスを体現したECWとは根っこの部分が別物です。

TNAは大人のメジャー団体を目指すべきです。
(ハードコアな面ばかりが大人のプロレスではないはずです。)



「TNAがポール・ヘイマンの招集を検討」というニュース(噂)を見て、
悲しいかなECWはもう無いのだと感じました。

ECWの伝説はファンの心に焼きつき、
今尚新しいファンを獲得している求心力はプロレスの1つの答えの様な気がします。

ヘイマンも過去に語っていましたが、
ECWはまさに奇跡が生んだ伝説だったのだと思います。
現在でも多数のインディ(ハードコア)団体があり、
日本のストロングスタイルがアメリカでも受け入れられる土壌が出来ています。
しかし、第2のECWはきっと出てこないでしょう。
「ECW」は「ECW」以外の何物でもないと思うからです。

TNAがシェルトン・ベンジャミンの獲得を検討

TNAが先日WWEを解雇されたShelton Bemjamineの獲得を検討しているみたいです。
大方の予想通りCharlie Haasとセットです。

コレは間違いなくTeam Angleの復活フラグですね!
むしろそれ以外は考えられません(笑)

ベンジャミンへの評価はスコブル高いMUZIQですので、
個人的にはシングルで最高峰王座に絡んで欲しいですね。
WWEでの試合を観るに技術力や身体能力の衰えはあり得ませんし…

私的には
「Popeよりベンジャミンだろう!」
と思わなくもないですが、
こればかりは団体の歴史(ストーリー)に関わる部分なので外野がどうこう言うことではありませんね…

マイク嫌いのベンジャミンですが、
TNAのマイクであれば問題ないレベルの様な気がします。

シェルトンのTNA参戦が実現すれば、
AJ StylesやDesmond Wolfe、Samon Joe辺りのインディを主戦場にしている選手とも
上質な試合が出来るのではないかと思います。

個人的にTNAのLadder Matchは微妙なのが多い(というか好きな試合が1つの無い)ので、
ハシゴの名手であるベンジャミンが新風を吹き込む可能性は十分にありますね!

ベンジャミンが参戦すれば、ますますTNAを要チェックですね!
MUZIQ
MUZIQ
「運命とプロレスする。」をテーマに
総合格闘技からアメプロにくら替えした変わり種。
今はシガナイ会社員。
いつの日かアメプロSHOPを開店するのが夢。
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Twitter by MUZIQ

@PPW_MUZIQ < > Reload

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。