プロフィール

MUZIQ

Author:MUZIQ
「運命とプロレスする。」をテーマに
総合格闘技からアメプロにくら替えした変わり種。
今はシガナイ会社員。
いつの日かアメプロSHOPを開店するのが夢。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TNA Impact (4/12日)の感想

4/12に放送されたTNA iMPACT!を観る機会がありましたので簡単に感想を・・・

まず、Stingのヒールは良いですね!
Jeff Jarrettとの絡みも個人的には好きですし、ジャレットはなんやかんやで存在感ありますね。
Stingは基本ベビーですが、
ヒールの方がバット攻撃や怪奇派の部分など柔軟性が出て良い働きをしてるように感じます。
個人的にはホーガンのヒールと同じ様な印象を受けました。

そのギミックから、テイカーと比較されやすいスティングですが、
レスラーとしてはテイカーの方が数段上の様に感じました。
良くも悪くも現在のスティングはインディ団体の「怪奇派」という印象です。


--------------
1. Six Pac, Kevin Nash, Scott Hall vs Team 3D, Jesse Neal

え~~~っと・・・
ホールは酷いですね。。。
一時期に比べれば動き自体は良くなっていますが
既にプロレスが出来る身体ではないように感じました。
Six Pacは思った以上に頑張っていました。

2. Shannon Moore vs Kazarian

TNAのX-Divisionらしい対戦でした。
結果は置いといて、この様な試合があると「TNAらしい」と感じますね。
欲を言えばムーアにもう少し動いて欲しかったけど、通常放送なので満足です。
ムーアの場外での一回転受けは素晴らしかったです!
やっぱり、TNAはX-Divisionを1つの売りにした方が良い気がするんですよね…

3. Angelina Love vs Velvet Sky

まぁ~茶番は茶番なのですが、
個人的にはラブとスカイの絡みだけでOKなんの問題もありません(笑)
そう言えば観る度にラブのタトゥーが増えている気が・・・
軽くオートン化してきてる気がします。
個人的には十分楽しかったです。

4. Matt Morgan, Amaging Red vs The Motor City Machineguns

思いのほかモーガンは良いですね!
怪物性が出ていますし、「プロレスラー」という感じがします。
日本で言うと中西の様な感じ?
レッドはちょっと厳しい感じがしました。
動けてはいるのですが、いまいちインパクトに欠ける気が・・・
個人的にはMCMGはイマイチでしたが、
彼らの能力の高さは実証済みなのでまぁ~次回PPVではかなり動くと思います。

5. Jeff Hardy vs Robert Roode

え~~~
ジェフが劣化しています。
ジェフ自身はやる気がモロに動きに出るタイプなので、仕方が無い面もありますが、
明らかに昨年のWWE王座に絡んでいた頃とは違いました。
若干、オーラも低下した気が・・・
試合自体はジェフがスワントーンで勝つのですが、
フィニッシュの持って生き方に説得力がゼロです。
コーナーから突き落とされて寝たままの時間があるってのは明らかにオカシイですよね。
しかも、ルードがコーナーに対して垂直に寝てしまった為、
スワントーンを受ける前に態勢をモロに調整してたし・・・
まぁ~内容はともかくこの内容をPPVでもやると最悪なレベルです。
あと、個人的にジェフは後ろでボンボンを作っている髪型の方が好きですね。

6. Pope vs AJ Styles

まぁ~こんなもんでしょう。
PopeはWWE時代よりもかなり格が上がりましたね!
実際にそれなりの風格も漂ってきましたし、上手くいけば第2のブッカーTになれる器だと思います。
個人的に現役の黒人レスラーで最も評価しているのはMVPなのですが、
全く違うベクトルのPopeも嫌いじゃないです。
後は内容でどれだけ魅せることができるかだと思います。

それにしてもAJはフレアーの後継者が全く似合いません。
フレアーもAJもどちらも高い技術を持っている点では共通していますが、
狡猾な手段を使ってヘタレを演じ、尚且つ「受け」でレスリングを魅せるフレアーとは
根本的に正反対だと感じます。
個人的にはAJは絶対的なベビーフェイスなんですよね。
(なんだったらホーガン軍団にAJがいた方がしっくりきたかも…)
サングラスとスーツが全く似合っていない・・・(笑)

個人的にはAJではなく、ウルフをフレアーの様に育てた方が良い気がします。
彼もどちらかと言えば「攻め」の選手ですが、
技術力自体は高いですし、極悪ヒールもヘタレヒールもこなせる逸材です。
ウルフがトップ戦線に食い込んできたら最高に面白いと思うのですが…

--------------
簡単に感想を書きましたが、
全体を通して言えば当然「LockDown」のプロモーションでしたね。
(これはWWEも同様ですが…)

ちょっと迷走している部分や、ネタの使い方がWCW時代に似ている面は多々ありますが、
やはり1番大きなところでは試合内容の薄さですね。
通常放送でもある程度はやって欲しいと思う次第です。
あと、復帰直後なので仕方が無い面もありますが、ジェフとRVDのキレがかなり悪いですね。
これはある意味、致命的ですよ。
「LockDown」にどの様に仕上げてくるかが気になります。

カートとアンダーソン(元Mr. Kenedy)の抗争のプロモや
アンダーソンのインタビューは秀逸だったのでコチラは期待大です!
やっぱアンダーソンはマイクが上手いわ…

スポンサーサイト
MUZIQ
MUZIQ
「運命とプロレスする。」をテーマに
総合格闘技からアメプロにくら替えした変わり種。
今はシガナイ会社員。
いつの日かアメプロSHOPを開店するのが夢。
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Twitter by MUZIQ

@PPW_MUZIQ < > Reload

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。