プロフィール

MUZIQ

Author:MUZIQ
「運命とプロレスする。」をテーマに
総合格闘技からアメプロにくら替えした変わり種。
今はシガナイ会社員。
いつの日かアメプロSHOPを開店するのが夢。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過大評価されている8人

411にこんな記事がありました。

過大評価されている8人。。。


まぁ、分からなくもないけど、「過大評価」ってくくりだとそうなるか。
でも、ジグラーとか華名、YoungBucksはそんなひどくないんじゃない?

スティーンは今の扱いが異常だから仕方ないとして、
最も過大評価されてんのってケリーケリーとかベネットとかじゃない?
あと、ハンターさんの作り手としての資質(笑)

http://www.411mania.com/wrestling/columns/256504/The-8-Ball-09.27.12:--Top-8-Overrated-Performers.htm
スポンサーサイト

Sara Del Rey vs. Natalya

久しぶりの完全OFFです。

ってことなんで、
先日購入したSmartmarkvideo製のSara Del Reyのベスト版を観てます。

で、薄々は気が付いていたのですが、
裏の収録内容に「Nattie Neidhart」の文字が…


これは…
ハート家のあのDivaのことか!?

そうなのか!???



「はい、そうでした!」



現在のWWEの女子部門2トップの1人、Natalyaでした!

2006年ということで、まだまだ若いですが、
既に6年ぐらいキャリアもありますし、何より天性の構築力が光ってます。

内容はこの2人なので、安心の1戦ですね(笑)



今から6年近く前にサラ対ナタリアっていう良カードが
Shimmerで実現していたとは知りませんでした。。。

今のところ、この試合が収録されているのは
「Simmer 7」とサラのベスト盤ぐらいでしょうか?

『PPW 勝手に表彰会』 簡易版

2011年も終わりですね。
ってな訳で、ギリギリ2011年に更新です!(笑)

振り返ると今年のアメプロはかなり面白かったと思います。
(WMのグダグダさが酷すぎたけど…)

「Wrestling Heart」さんとかでは毎年恒例のプロレス大賞をされているので、
うちは『PPW 勝手に表彰会』にします。
(日本の団体は殆ど見ていないので、私の見ている範囲で…)


-----------------------------------------------
MVP
CM Punk

やはり、2011年後半のWWEをパンク一色に染めた功績は大きいし、
客を巻き込んだプロレスを展開したのは素晴らしい。
また、大ブレイクのキッカケになったビンス批判の演説は、
間違いなく後世に残るスキットだった。


最優秀試合
John Cena vs. CM Punk (MITB)

MVPと同様に、やはりパンクのスキットありきだが内容も良く、
Wrestlemania以降のグダグダ感を一気に吹き飛ばした試合になった。
(次点は、BitWのDavey Richards vs. Eddie Edwards)


最優秀団体
PWG

まさにプオタの心をくすぐる神がかったマッチメイクで、
2011年に開催した全て大会で高水準の内容をブッ込んできたから。
また、サプライズも用意しつつ、選手の新しい側面を引き出すカードは良かった。


頑張りま賞
Hardy Boyz (2人まとめて)

マットのご乱心、ジェフのやる気の無さ。
いい加減にしてください。


来年に期待しま賞
TJ Perkins

今年は結果は出せなかったものの、ROHに本格参戦し、
リチャーズやエドワーズを面白い試合を繰り広げた。
来年の飛躍を期待!

-----------------------------------------------

WWEカード???

最近、何かコレクションできる趣味が欲しいと前回(前々回)のブログで書きましたが、
「見つかりません!!」(苦笑)

やはり「プロレス鑑賞&DVDコレクション」がオレの趣味なのか…
(あっ、もう少しでCMパンク先生の26枚組が届きそうです!)


色々、探してたり、会社の同期にも提案して貰ったりしたのですが
どうもMUZIQはフィギュアとかカードに興味が無いようです。。。
YouTubeとか見てると、
「トレードしませんか?」みたいな感じで、めっちゃ楽しそうなんだよなぁ~~~

そんな訳でネットを徘徊していると、
WWEのカードを収集してる方のブログを発見!

http://blog.livedoor.jp/sexyboycard/archives/5200142.html


昔、NBA(←バスケね)のトレカ(ってかレジーとペイトン)を集めまくってたMUZIQとしては
気になってしまいました。

ただ、やっぱりプロレスのカード収集は全然盛り上がってないと
上記のブログの管理人の方も書かれてました。


結構、カード集めも面白そんなんだけど、
金銭的・体力的にオレが持つのか心配なんですよねぇ。。。
(熱しやすく冷めやすい性分です。)

今まで奇跡的に長年続いてるのはバスケとプロレスぐらいだもんなぁ。。。
(熱しやすく冷めやすい性分です。)

けど、DVDや映像のトレードは著作権にモロ引っかかると思うので、
個人的にはコレクションという感じがしないんですよね。
電子は「コンテンツ」であって実態が無い感じがするので…


今のNBAにはオレのハートをくすぐる猛烈に好きな選手がいないし、
ここは、やはりAKB…(←YouTubeの動画の影響(笑))



まぁ~それはそうと、
取りあえず色々やりたいことあるんで機会があれば買ってみようと思います。
(自分なりに色々と計画中…)
色々と上のサイトでも勉強させてもらおう!!


ちなみにググったんですが、
WWEとTNAのカードは結構出てるみたいなのですが
インディーはなさそうですね。。。

ROHとか、PWGとか、CZWとか、Chikaraとか…
(あっ、ドラゲーはあるみたいです。)

う~~~ん。
ROHでもあればウルブズとか集めるのもヤブサカじゃないんだけどなぁ。

ニュースを徒然なるままに

ぜんぜんプロレスを観る時間が取れていないMUZIQです。
実家に帰ったり、仕事でイベントが立て込んだり…

「プロレスをチェックできない」 = 「ブログを書けない」という悪循環な訳です。

この数週間、かなりNEWSがありましたね!
①Nigel McGuinnessの引退
②スパドラの復帰
③みんな大好きKenny Omegaが全日のベルトを奪取
④ヘンリー、まさかの長期政権
⑤パンク先生、ハンターに食われる

最後の方はネタになっていますが…(笑)


まず、①のナイジェルの引退ですが、
これは素直に残念なのですが、同時に「お疲れ様」と心から言いたいです。

おそらくナイジェルがいなければ、
今ほどROHを始めとするインディーにハマっていなかったと思いますし、
自分が最も好きなレスラーの1人です。

試合は意外と地味なんですが、
間違いなくROHの黄金期を支えた中心メンバーですし、
病気さえなければと残念でなりませんね。。。

2CWとHWAで引退試合をするらしいですが、
自分の原点を忘れないというのがナイジェルらしくてイイです!


②は驚きました!
まさかのスパドラの復帰。
あの頭踏みつけが再び!!!(笑)

こちらはPWGの2011年最後の大会で、
Kevin Steenとタッグを組んでYoung Bucksと王座戦をするようです。
これは、タッグ王座獲得フラグは立ったな…

ってか、スティーンはベビーなんですかね???
かなり立ち位置を把握するのが難しいんですが…
(ジェネリコとの抗争もまだあるし)

ROHではきっとヒールなんですが、ストンコみたいなポジションですし…


③は日本です。
全日の世界ジュニアヘビー級王座をオメガが獲ってしまいました!

新日ではデイビーがブイブイ言わせていますし、
アメプロファンとしてはこの2人の絡みを日本で見せて欲しいですね!
(団体が違うから厳しすぎますが…)
実現してくれたら絶対行く!!!!!!

ちょうど集英社発行の「燃えろ!新日本プロレス」という
ディアゴスティーニ的な雑誌を買って
日本プロレスに再び興味を持ち出しました。

元々はワープロとか見てたんですが、最近はアメプロばっかりでしたから…

こう見ると70年~80年代の日本プロレスって本当に面白いです。
たしかな「説得力」があります。
もちろんリアルタイムで観ている世代ではないのですが、
やはり面白い試合はいつの時代でも通用する「凄さ」が確かにありますね!

この雑誌は決して安くないんですが、
付録DVDに3~4試合ついて隔週で刊行されるので、
月に3000円ぐらいの出費ですね。。。
(家計は厳しいですが、買ってしまいそうです。)


話がズレまくりですが、
WWEではヘンリーがまさかの長期政権になりつつありますね。。。
しかも、視聴率は良いそうな…

アメリカの視聴者はWWEを「ウルトラマン」的に捉えている気がします。
(まぁ~そもそもが子供主体のPG路線だし)
怪獣のヘンリーに、正義の味方のシナ、怪しいパンク先生…
日本の特撮映画みたいですね。
これにちょっとドロドロした「大人の事情」がはいるのがWWEというブランドなのでしょう。

ってか、パンク先生は元の中堅ちょい上になりそうですね。
なんでハンターは欲しい時に出てこないで、
いらない時にシャシャり出るかな???(笑)

いや、ハンター自体は好きなんですが、
今のハンターは正直、ホーガンとやってることはそんなに変わらないと思います。
(もちろん、ステージ上の話です。)

こういう絡み方はWWEは基より、
プロレス業界にとって良い方向に向かないと個人的には思うのですが…



そんなこんなで徒然なるままに記事を書きましたが、
ちょっとずつでもDVDを観て、ブログ更新していきたいと思います。


追記
遅くなりましたが、前にスティーブ・コリノが28歳と書きましたが、
私が参照した情報が間違っていたみたいで、正しくは「38歳」でした。
ご指摘頂き、本当にありがとうございます。
MUZIQ
MUZIQ
「運命とプロレスする。」をテーマに
総合格闘技からアメプロにくら替えした変わり種。
今はシガナイ会社員。
いつの日かアメプロSHOPを開店するのが夢。
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Twitter by MUZIQ

@PPW_MUZIQ < > Reload

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。